マンゴーの醤油煮

2015年03月

ファシズムと云うのか、ナチズムと云うのか、そりゃあどっちでも良いわけだ。これはシステムがどうのこうのじゃなく、言葉のニアンスだ。つまりは、全体主義的で、言論統制が行き渡った社会と云うことだ。報道ステーションで、官邸の恫喝に屈したテレ朝の舞台裏が、古賀氏の乾坤一擲の捨て身業に一網打尽にされたわけだが、本日から官邸が、どのような動きをするのか、よくよくウォッチングしておかなければならないだろう。

官房長官が「放送法違反だ」とお得意の決めつけ恫喝のお家芸を見せるのが、菅と云う人物の人格なのだろう。金持ちの二世三世政治家も困ったものだが、成り上がり者は、権力を持たせると、こういう事態にもなるのだろう。田中角栄などは、成り上がりでも「玉」が違っていたとしか、理解のしようがない。まあ、その恐怖に慄いて、キャスターから、チューフプロデューサーまで更迭するのだから、テレ朝もホスピス入りの報道番組しか作れないことが明白になった。TBSニュース23の膳場・岸井キャスターがどうなる、次の見ものだ。

そう言えば、もう一人二人、ウォッチングが必要なキャスターがいる。TBSの金平キャスターだ。おいおい、TBS毎日新聞系が残ったか……。う~ん、与党公明党の霊験あらたか?これも少々困りものだが、この際致し方ないのだろう。それにしても、筆者から見た場合、十二分に政府寄りの発言の多いNHKニュース9の大越キャスターの物言いまで気に食わんと云うのだから、全局のキャスターを長谷川幸洋にでも任せてしまったら良いのではないだろうか?(笑)。

本日は、本来であれば、「米国・NATOとロシア」核戦争の脅威 米国のあがき」というコラムを用意していたが、上記コラムでも、米国覇権主義のプロパガンダ報道が話題に上るが、あまりにも稚拙で暴力的な安倍官邸の言論統制は野蛮である。ハプニング情報に接し、急きょ、このコラムになった。NHKの大越まで気に食わんのでは、もうテレビは嘘しか言えない放送局と云うことになるようだ。そう言えば、もう一人思い出したが、テレ朝のモーニングバード・そもそも総研の玉川キャスターは大丈夫なのかな?最近見ていないので分からないのだが?株価が下がっても上がったと言いそうなテレビにはご用心な時代が来たと云うことのようだ。

≪ 古舘報道ステを元官僚古賀氏が“ジャック”
 元経済産業省官僚の古賀茂明氏(59)が27日、テレビ朝日系「報道ステーション」に生出演し、番組を“ジャック”した。古舘伊知郎キャスター(60)と自身の番組“降板”を巡って、口論のような形に発展した。
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/ba71dc55b29a684075a3dba9677e470c


 燃料節約のため航路を迂回しないはずの格安航空機が、離陸直後から大きく迂回し、急峻な仏アルプスの険しい山中まで飛行している。これは自動操縦システムが乗っ取られていたからだ!と考えるのが順当と書いたサイトは全て消された。
今回のドイツ機墜落の原因は、発狂したパイロットの道連れ心中自殺であると、独・仏・米の捜査当局とメディアが一致した見解を示した。

普通は何ヶ月もかかる事故の原因究明がが、これほど早く決定されてしまうというのは、異様というより異常である。

それほど、今回の事故の背景には複雑怪奇な利害闘争が潜んでいるのだ。

断言するが、
今回の事故は、A320型機の自動操縦システム(フライ・バイ・ワイヤ)を乗っ取って飛行経路を迂回させ、急峻なアルプスの上空で空中爆破させたと考えなければ説明がつかない。

しかし、これは軍を含む国家機関の一部が乗っ取られたことを意味する。

この背後には、仏政府機関の内部に深刻な分裂がある。すなわち「CIA・モサド・国際原発資本」vs「親独露指向の共和派」の激しい権力闘争である。

オランド仏大統領の憔悴ぶりは、原発資本と戦争屋に国家の重要部分を乗っ取られたフランスの苦悩そのものなのである。(国家の全てを乗っ取られた日本よりは、はるかにマシだが…)

いっぽう、ドイツのメルケル首相は今回の事故の原因が「無理心中」という“妥協案”を受け入れ、事件を収束させた。

スケープゴート(贖罪の羊)、生贄(いけにえ)の効果は、古代から現代に至るまで、抜群なのである。

このウラには…、
ドイツが、フランスのマルセイユ検察当局からの執拗な要請により、ドイツ検察当局に副操縦士宅を殺人容疑を前提に家宅捜索させ、親族や知人にたいする事情聴取をさせた、という経緯(いきさつ)があった。

この経緯(いきさつ)と、“爆破犯らの手口”は、プーチンにも筒抜けであった。

問題は、この延長線上に何があるか? である。

簡単に言えば…、
メルケルのドイツ、オランドのフランス。この二カ国が、戦争屋勢力と闘いながら、益々プーチン寄りになっていく!ということだ。

この動きと流れは、日本にも大きな影響をもたらす。
すなわち…、
ドイツもフランスもロシアも…、いや、ネタニヤフのイスラエルと米英の戦争屋を除く世界の国々が、日本を「戦争屋勢力の手羽先」と見做し、日本を見放す! (東京オリンピックなど到底無理だ。)
【注】 今回墜落した機体は仏エアバス社のA320型機。A320型機は、1988年に初めて就航。操縦桿などの動きを電気信号に変換し、コンピューター制御で操縦する「フライ・バイ・ワイヤ」と呼ばれる仕組みを旅客機としては世界で初めて導入したことで知られる。
事故機は1991年に親会社のルフトハンザ航空に納入され、14年からジャーマンウィングスで運航されていた。エアバスの発表では、事故機はこれまでに4万6700回のフライトで5万8300時間飛行してきた。旅客機としては比較的古い方だが、25年程度であればきちんと整備していれば安全に運航できるとされる。
http://grnba.com/iiyama/index.html#ss03301


大手新聞やテレビキー局の上層部「メシ友」の実態――安倍内閣を支えるメディア http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302510 …


マスコミが仕掛ける「日本ベタ褒め」は世論誘導に至るワナ:DARKNESS http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302564 …


鉄道の自殺対策はホームドアじゃなくてまともな雇用と給料だよ。日本は本質的な問題から常に目を逸らす四等国。


 座間宮ガレイ@1万人の秘書 @zamamiyagarei  ·  3月29日

なぜ、大塚家具の報道が行われていたのか http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65945960.html …
https://twitter.com/zamamiyagarei/status/582022842989957121


古賀茂明氏、単独インタビュー ~官邸編~ http://tanakaryusaku.jp/2015/03/00010908 … @tanakaryusakuさんから


 平野 浩 @h_hirano  ·  6時間 6時間前

安倍首相は「対話のドアは開いている。問題がある時こそ話し合うべき」と朴大統領に問いかけている。それならなぜ翁長沖縄知事に会わないのか。沖縄にだけは対話のドアは開いていないのか。このままでは近い将来沖縄独立運動が起きる。それでもいいのか。いっていることとやっていることが違い過ぎる。
https://twitter.com/h_hirano/status/582471984879042560


「NHKだけ写らないアンテナ」、筑波大学視覚メディア研究室が開発 - エキサイトニュース http://www.excite.co.jp/News/it_g/20150330/Slashdot_15_03_29_1748221.html …


生活保護の実際支給額 http://etrip.blog.fc2.com/blog-entry-578.html


 沖縄在住の作家・目取真俊氏 「県民の怒りは日本に広がる」  3/30  日刊ゲンダイ

  海保の排除手法はまるで「海の公安」

 沖縄県と安倍政権との対立はもはや、さながら戦争状態だ。
 基地移設反対の沖縄の民意を無視し、抗議する人々を排除し、翁長雄志知事が辺野古への移設関連作業の停止指示を出せば、その執行停止を申し立て、官房長官が「(翁長知事の指示は)違法だ」「無効だ」とわめきたてる。
 そこから見えるのは力による民主主義の否定と、沖縄蔑視だけではないか。
 沖縄で抗議活動を続ける芥川賞作家、目取真俊氏(54)に聞いた。

――沖縄の辺野古移設反対の民意は明確なのに、それを無視して政権が“悪いのは沖縄だ”と言わんばかりですね。

「沖縄防衛局は昨年9月以来、約半年ぶりに海底ボーリング調査を再開しています。
 この間、沖縄県知事選挙と衆議院選挙がありました。いずれも辺野古新基地建設反対を公約に掲げた候補者たちの圧勝でした。県知事選挙では翁長氏が仲井真氏に10万票近い大差をつけ、衆議院選挙では県内全選挙区で自民党候補は落選しました。
 生活の党、社民党、共産党、無所属の候補が選挙区で当選するというのは、ヤマトゥ(日本本土)では考えられないことだと思います。
 日本政府・防衛省の調査再開は、この沖縄の民意を踏みにじるものです。
 調査を中止して計画自体を再検討すべきであり、警察や海上保安庁の暴力を使って調査を強行するのは許されません」

――目取真さんご自身、行動する作家として抗議活動に参加していますが、辺野古の現場では、どのようなことが行われているのでしょうか。

「昨年7月からキャンプ・シュワブのゲート前(陸)と海の両方で抗議行動に参加してきました。
 陸の方では県警機動隊を使った弾圧がエスカレートしています。
 昨年7月の最初の頃は抗議行動の参加者も数十人単位で、民間警備員も数人しかいませんでした。抗議行動が大きくなるにつれて、ゲートの警戒や弾圧体制も強化され、機動隊による市民の強制排除も頻繁に行われるようになりました。
 女性やお年寄りが機動隊に押し倒されてけがをしたり、基地のガードマンが現場のリーダーを拘束する事態も起こっています。
 暴力的弾圧により力で県民の運動を抑え込むという政府の意思がはっきりと見えます」

――それは海上でも?

「海上保安庁の保安官たちが、拘束のためにカヌーを転覆させたり、海に落ちたカヌーメンバーの顔を海に沈めて海水を飲ませる嫌がらせを行っています。
 抗議船にも乗り込んできて、船長や乗員はけがを負わされています。肉体的・精神的ダメージを与えて海に出られなくしようという意図が見えます。
 メディアが報じると一時的にやみますが、しばらくすると暴力を繰り返す。
 辺野古に来ている海上保安庁のメンバーは、人命救助を目的に来ているのではありません。海上での犯罪に対処する『海の公安警察』であり、テロ対策や外国の密輸・密漁船と同じ感覚で市民のカヌー、抗議船に対処すれば、けが人が出るのは当たり前です」
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-2765.html


ドイツ旅客機の仏アルプス墜落事件:発狂したパイロットが150人を道連れに無理心中したという方向に世界を洗脳しようとしている米マスコミとFBIのなぜ? http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302584

一にも二にも沖縄は本土に何度も裏切られてきたのだから本土に頼らないこと。琉球と日本は違う国。違う人種。経済的自立のために中露韓台の資本の導入に注力を。


一番最後の為替とかやる前に、「古館さんちょっと」と篠塚報道局長がサブスタジオかなんかにスタッフを呼んで、「こういう事(『古賀さんのコメントには承服しかねます』を読め」と書いた紙を古館さんに渡した。(古館キャスターはそれを読んだ。) http://shinagawasn.blog.so-net.ne.jp/2015-03-30-10

公共サービスの崩壊を加速させる新サービス貿易協定  ── 内田さんは、新サービス貿易協定(TiSA)の危険性について警鐘を鳴らしていますが、マスコミはそれを一切報道していません。  http://shinagawasn.blog.so-net.ne.jp/2015-03-30-8


左翼勢力はなぜ仲間割れして右翼を助けるのか  左翼の人達は往々にして正義のためとか人々のためとか本気で思っているところがあって 一方で、お金とか権力のために政治をやっているという人たちは 容易に妥協ができます  http://shinagawasn.blog.so-net.ne.jp/2015-03-30-4



「局幹部はみんな顔面蒼白でしたよ。番組終了後、4月人事で交代するプロデューサーやスタッフ、コメンテーターの恵村順一郎さんらを囲んだ送別会があったんですが、重要な関係者が顔を見せない。もちろん古賀さんも来ない。別室に呼ばれて“事情聴取”を受けていたんです」

 古賀氏はそこで「ニュースと関係ないことを話しては困る」「なんで事前に言ってくれなかったのか」などとなじられたという。だが、ここには古賀氏の深謀遠慮があった。というのも、前回「I am not ABE」とやったときは事前にスタッフにも相談し、フリップもつくってもらっていた。ところがオンエア後、首相官邸から抗議を受けたことで現場スタッフは上層部から「何で止めなかったんだ」と責められた。そこで今回は誰にも言わず、自前のフリップを用意して本番に臨んだ。これで、末端の責任が問われることはなくなった。

 古賀氏がここまでやらなければならなかったのには訳があった。親しい知人はこう打ち明ける。

「古賀さんのターゲットはズバリ菅官房長官です。番組中も何度も何度も繰り返し、菅さんの名前を口にしていたでしょ。菅さんは本気で古賀さんを潰そうと、裏で相当なことをやっていた。古賀さんだけではありません。安倍政権に批判的なコメンテーターを個人攻撃したり、逆に懐柔したりが目に余るようになってきた。一方、古賀さんの話によれば、テレ朝に対しても『(古賀氏の発言は)放送法違反に当たるかもしれない』と、免許取り消しをほのめかしながらプレッシャーをかけてきたと言うんです。これはもう看過できない。古賀さんはこう言っていました。『テレ朝には申し訳ないけど、ここで私が沈黙したら言論が権力に屈することになる。古舘さんら番組関係者は相談もなくいきなり言い出したので、私に裏切られたと思っているかもしれないが、時間が経てば理解してくれるはず』と。あれはいわば宣戦布告。戦いはこれからですよ」
http://shinagawasn.blog.so-net.ne.jp/2015-03-30-1


「ハイヤー? 勿論、皆さんの受信料です。 あんた失礼ですよ? 政府が右と言ったら極右なんです!」 受信料もミー NHK  http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-709.html


“祖父いわく、「あの戦争を引き起こしたのは『会社』だ」と言うんだよ。軍閥でも国家主義者でも革新官僚でもなく、「会社」が戦争の原因をつくったのだと。 祖父は大正のほとんど終わりに生まれた人だったが、少年時代まで身近にある仕事といえば、第一産業か「あきんど」レベルの商家しかなかったと。しかしそれが10代に入るころから「会社」というものが現れ、「サラリーマン」なるものが出現したと。これによる世の変化には凄いものがあったらしい。  そして祖父の実感として、その「会社」なる新しい経済的存在は、「戦争をすればするほど http://shinagawasn.blog.so-net.ne.jp/2013-08-01-34



“「電力8社6736億の赤字、パナソニックは1社で7650億の赤字」、これ見て笑わない国民がいるだろうか。パナソニックの方がはるかに深刻なのに値上げなど何も言わない。一方の電力会社は値上げと大騒ぎ。こんなふざけた事が許されるわけがない。” http://shinagawasn.blog.so-net.ne.jp/2015-03-23-3


政府は県の作業停止指示に、行政不服申立てと醜悪な時間稼ぎ
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-2754.html


米日はここ数年、包囲網を作って中国を孤立させる策をやってきたが、AIIB加盟の雪崩は、孤立しているのが中国でなく米日の方であることを示してしまった。
 今回のAIIB加盟騒動は、国際社会が米国主導の中国包囲網に協力してきた従来の傾向を弱める。

 中国に隣接する大国であるインドは、BRICSの一員として将来予想される世界体制の中で中国と協調する位置にいながら、これまで米英主導の国際秩序(覇権)に従う傾向が強く、中国から誘われても曖昧な態度をとり、中国との国境紛争を解決できない状況にあった。
 しかし今回のAIIB騒動で、欧州や豪州が対中協調に傾く中で、インドも米国の目を気にせず中国と協調できるようになる。
 中国は、インドとパキスタンの和解を仲裁し、中露印パで協調してNATOが放棄した後のアフガニスタンを安定化したり、米欧に核の濡れ衣をかけられてきたイランを国際社会(上海機構など)に取り込む道筋をもくろんでいる。
 印中協調は、こうした中国の南西戦略のかなめとなる。

 オーストラリアは、中国に資源を売ることが経済の大黒柱なので中国と協調したいが、米国の同盟国として中国包囲網に協力して国内基地への米海兵隊の駐留を許すこともやらざるを得ず、台頭して強気になる中国と、好戦的になる米国の間で外交のバランスがとりにくくなっていた。
 今回のAIIB騒動で、英国が先導してくれたおかげで、豪州は対中協調・米国離れの方向に苦労せず一歩進んだ。

 豪州と同様、米中のバランスをとるのが難しくなっているのが韓国だ。
 韓国は、北朝鮮との対立で米国に軍事依存しているので、豪州よりどっちつかずだ。
 豪州は首相がAIIBへの加盟意志を表明したが、韓国はAIIBへの加盟意志が報じられた後、大統領府がそれを否定して曖昧な態度に戻った。
 韓国の貿易は、対中国が25%、対米が12%で、経済面で対中協調が不可欠だが、軍事や政治の面が対米従属で、韓国政界は対米従属の勢力が依然強い。
 朴槿恵は、AIIBへの参加を軽々に表明できない。
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-2753.html


米国はあまりにも楽観視していた。
 米国の金融も半分は握る欧州の金融寡頭勢力が、ドル基軸通貨を守る「国際通貨マフィア」のネットワークに楯突くような組織は認めないだろうと慢心のあまり、情勢を的確に把握していなかったのだろう。
 米国の国際金融における覇権は大きく低下した。
 米国に追随する以外は思考停止の日本については、言わずもがなである。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   中国に破れた通貨マフィア   3/26  山田厚史  ダイヤモンド・オンライン
   AIIBは日本外交の試練の場に

 英国はじめEU主要国が参加を表明し、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)は、先進国の協力を得て実現する流れが決まった。
 日本は「慎重姿勢」を採りつづければ取り残させる。遠からず参加へと方針は転換されるだろう。

「後からの参加」という外交敗北を反省するしかない。
 より大きな傷を負ったのは米国。
 「参加は慎重に」と呼びかけた欧州やアジアの友好国が次々と中国に引き寄せられた。
 市場として、投資先として、中国を無視できない。そんな現実が国際政治に投影したのである。

 戦後世界の金融秩序は「通貨マフィア」と呼ばれる人脈のネットワークだった。
 国際通貨基金(IMF)と世界銀行を中心とする国際金融体制は米国とドルを基軸とする経済支配の装置でもあった。
 だからこそ中国の動きを「国際通貨体制に対する反逆」と見て警戒した。

 中国は途上国を束ねて米国支配にくさびを打ち込んだ。
 AIIB誕生は大国興亡の歴史的転換点かもしれない。
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-2757.html


私用ハイヤーで国民の税金を強奪するNHK・籾井会長がさらなる開き直り!
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302437

NHKは「公共放送」の看板を盾に関連会社で荒稼ぎ。受信料にも疑問。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302414


「貯金なし、退職金なし」 定年迎えた非正規社員が座り込み http://tanakaryusaku.jp/2015/03/00010876 @tanakaryusakuさんから


芳ちゃんのブログ: ミンスク和平をすかさず台無しにしようとするワシントン http://yocchan31.blogspot.com/2015/03/blog-post_26.html?spref=tw


<岸信介と中曽根康弘と渡辺恒雄>
 昔、新宿に歌声喫茶「ともしび」というところがあったようだ。のぞく機会を作ることは出来なかったが、ここで歌われていたCDをたまに聞くことがある。美しい平和の合唱曲ばかりである。心が洗われる歌だ。こんな素敵な音楽のある日本を、多くの日本人は誇っていい。これをぶち壊した大罪人は誰か。3人あげるとすれば、それは岸信介・中曽根康弘・渡辺恒雄であろう。平和を愛する日本人であれば、誰しもがこの3人に目を向けるだろう。
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52099485.html


<大量のウラン・中性子を放出!>
 ずっと気になっていたことが、掲示板「阿修羅」に今、掲載されているのを見つけた。3・11のさい、千葉県市原市の石油コンビナートが爆発炎上したが、その時、チッソの工場に保管してあった大量の劣化ウランが行方不明になった。多くの国民は忘れてしまっているようだが、千葉県人である筆者はずっと脳裏から離れなかった。このことについて2012年の段階で、専門家の分析記事が「阿修羅」に載っていたのだ。しかも、猛毒・危険な大量のウランと中性子を放出していたのである。政府・千葉県など自治体は隠蔽して、この深刻すぎる重大な惨事を、4年経ってもやり過ごそうとしている。ことは首都圏に被害が及んでいる。しっかりとした測定と真実の公開が政府・議会の義務である。
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52099376.html


<沖縄から東京へ>
 東京からのインターネット情報は、点火した反安倍デモを伝えてくれている。中国や韓国のテレビは、それを大きく報道しているようだ。腐敗したNHKに代わって、CCTVやKBSが奮戦してくれている。「日本人も本気で立ち上がるかもしれない」という期待を印象付けている。うれしい悲鳴だ。これも沖縄県民の怒りが、焼けぼっくいにマッチを吸ってくれたお陰だ。東京では、3月22日の反安倍デモに1・4万人が結集した。これは反岸の60年安保を上回っている規模だろう。がんばれ沖縄・東京!
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52099305.html


<自転車では不可能>
 自民党の谷垣は自転車が趣味である。本来、北京は平坦な地形である。スイスイと走れるはずだが、現在彼が仕えている人物は、A級戦犯容疑者の孫である。戦前の軍国主義戦争は「アジア解放のため」「日米は自衛戦争」と信じ込んでいる国家主義者が、自在に操る政権を支援する立場である。
 現に、谷垣はそれを必死で支えている自民党幹事長。友好の人ではない。中国を敵視・封じ込めてきている日本政府の大黒柱なのだ。
 しかも、今年は戦後70年という、政治的に重要な歴史的意義を有している2015年である。この重すぎる歴史の壁が立ちはだかっている北京を、軽く走りぬけることなど出来ない。
<加藤紘一を裏切った谷垣幹事長>
 北京は、日中友好に一番尽くしてきた大平正芳が、自ら後継者にした加藤紘一と関係が深い。古い井戸を掘った加藤のことを大事にしている。
 谷垣は、本来加藤の後継者になる地位を確保してきていた。結論を言うと、加藤の天下を押さえ込む役割を果たして、加藤から離反した。そのことを北京は知っている。
 いまの自民党には、北京とのパイプ役を果たせる人物は一人もいない。極右に乗っ取られてしまったからである。
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52099295.html


日本人は(マスコミの洗脳によって)反プーチンだが、プーチンの世界認識とプーチン発の情報は世界で最も正確なので、これをおろそかにすると、世界認識を誤る!とハッキリ言っておきたい。(飯山一郎) http://grnba.com/iiyama/index.html#ss03261


EU主要国に続いて韓国もAIIB参加の方針・・・世界中が米ドルを破壊しようとしている
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302432


取締る側が“違法”の根拠を提示できない日本の「大麻」事情 ~大麻の成熟した茎、種子からとれたTHC・CBDは、既に合法~
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302426


現時点ですら外国人実習生を募集しても中々人が集まらなくなっている。インドネシア人ですら日本の労働環境に嫌気がさして早々に帰国してしまう。
多くの日本人が心配している様な移民の問題は日本では起きない。移民が来ないからだ。今より外国籍の人間の割合が減る可能性すらある。

そもそも政府の「移民を受け入れる」と言う方針が本気かどうかも疑わしい。日本は従来、先進国で最も厳しい移民排斥政策を採ってきた国だ。難民すら追い返していた。
日本人は生まれつきの人種差別主義者で、フランスの極右より日本の一般人の方がよっぽど移民を嫌っている。在特会の様な主張がメインストリームのこの国で移民受け入れ政策を採用するのは実質不可能だ。

「移民受け入れ」を政策として掲げるのは財政健全化の目標を達成する為のつじつま合わせの為であり、絵に描いた餅に過ぎない。いわばブラフであろう。
日本人が本気で移民を欲する頃には世界的な労働力不足で移民が日本を目指す事はなくなる。観光地としてすら日本の人気は低い。永住する人間は更に少数だ。

日本を「世界の中心」で「地上の楽園」だと思っているのは日本人だけで、外国人から見たら災害が多発し地の果てにある放射能汚染された落ち目の衰退途上国だ。そんな国に好んで住みたがる人間はいない。まぁアンチ・キリストの悪魔崇拝者とかなら日本を気にいると思うがねw

日本はまるで自分がモテると勘違いしている高飛車なブスババアだ。心配しなくてもこんな国に移民なんて来ない。日本はただ朽ちていくのみである。
http://0dt.org/immigration.html


116 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2015/02/06(金) 22:31:46.42 ID:d+lUqi7x0 [1/4]
高学歴で良い会社に入ってる=安全 ではないからな
世間一般の連中はよく勘違いするが

いや、厳密にいえばそのまま勘違いしてもらいたかったのに、トマ・ピケティとかいう経済テロリストが良家の人間全員に宣戦布告しやがった
あいつの言ってる事そのまんまだよ。個人資産じゃなくて、一族資産から発生する収益が経済格差の源泉
ばれちまったらしょうがねえな…

161 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2015/02/06(金) 22:43:03.02 ID:d+lUqi7x0 [2/4]
>>120
もう全部不等式で事実として半ばばらされちまったから暴露するが
ポッポが華族だからやたらと目立つだけで、日本は昔から士族階級や庄屋以上だった人間の家系図を辿っていくと
現在は公務員や中小の役員や管理職、大企業の役員や管理職、あるいは士業や医者に就いてる事がほとんどだ

ここで一つ疑問が浮かぶな?
なぜ連中は戦後GHQにより資産がバラバラにされたのに、今も権威を残しているどころか、むしろ勢力を拡大しているのか
単純な資産の額だけで生きてきたわけじゃない。「文化資本」という面で生き残ってきた。多種多様な人種と触れ合う事で生まれる、一種の特権知識のようなもの
GHQに資産を解体された後、それをフルに活用した。結果、戦前並みに今は格差が広がりつつある

223 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2015/02/06(金) 22:55:41.29 ID:d+lUqi7x0 [3/4]
>>161の続き
そして、ここからが重要な要点だ
>>1の話題に戻ろう

なぜ高学歴でも仕事が出来なくて、肩を叩かれる連中が出てくるのか?
そこまでは良いとして、なぜそこまでの地位に就ける人間が生活保護に頼ることになるのか
答えは簡単だ

先祖からの「金融資本」と「文化資本」の蓄積が無いんだよ。彼らには
だからどんなに頑張っても成金どまり。一方、管理職や役員にサラッと就ける連中は、上に上がるために必要なことを周りの環境(文化資本)から教わっている

ここが、資本家が戦後に世界中に設けた「見えないフィルター」だ。これにピケティは挑戦状をたたきつけた、というわけだ

274 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2015/02/06(金) 23:08:22.06 ID:d+lUqi7x0 [4/4]
>>246
色々な階層の人間を見てきたからな
どの階層の人間のどこが弱点で、どこが強みなのか大体把握している
これも「文化資本」だ。「文化資本」ってのは生きる知恵や処世術を更に先鋭化させたようなモノだ
これさえあればホームレスですら一国を転覆させられることは可能だ。理論的には

まあこれ以上は話さないが、ピケティっておっさんがそのことに気づいた以上、資本家も論壇に上がらなきゃならなくなるだろうな今後は



タイやミャンマーで主流の南方仏教の僧侶は比丘(びく)と呼ばれていますが、その元々の意味は「食を乞う者」という意味です。そのものズバリ、乞食という意味なんです。
 彼らは修行として托鉢をします。毎朝歩いて家々の軒先に立ち、食事をもらいます。ところが彼らは「ありがとう」とか絶対に言ってはいけないとされています。当然のようにもらって、無言で立ち去るだけなんです。日本人が現地で出家するとついつい頭を下げたりお礼を言いたくなりますが、この習慣は止めるよう指導されます。
 これ、日本人の感覚では、おそらく理解不能でしょう。

 理由は、お礼をしてしまうと、与えた側の徳が減ってしまうからなんです。

 なぜお布施をするかというと、する側は徳を積みたいから、するんです。徳とはなにか? 死後の世界の輪廻転生先をよくするためのものです。天国に生まれ変わりたいし、悪くても人間界がいいし、最悪でも地獄には絶対に落ちたくない。多くの徳を積めば詰むほど上の世界に転生する可能性が高まります。
 ところがお礼をされてしまうと、その分の徳が減ってしまう。良い来世に行ける可能性が減ってしまう。これは布施をする側からすると、損失でしかありません。

 布施の効果は出家した僧侶に行うのがもっとも効果があるとされていて、続いて寺の伽藍や設備、仏教修行を行う僧侶以外の者(女性、一般人の男女)、ただの貧しい人(ホームレス)……などという順序になります。そう、布施の効果って、相手によって変わるんですよ(笑)。これを知った時は、僧侶が一番上というのはなんというか都合いいなぁと感じてしまいました。

 彼らはお人好しだから布施をしてるわけではなく、ちゃんと死後の世界のための徳という対価を得るために行っています。ちゃんと打算の上で行ってる。そういう構造が出来上がっているんですよ。
 したがって、寝太郎さんがいくらタダ飯タダ宿目的で寺に泊まったとしても、そのことを「布施する側」が文句をいうことはありません。大事なのは布施をして徳を積むことであり、その布施した内容(ご飯、宿泊施設)を彼がどう使うかは、関係ないからです。

    このように書かれていますが、「タダ飯タダ宿のために寺に入った」というのはだいたい合ってます。前に日本でゴエンカ式の瞑想合宿に参加したときは本当に真剣な気持ちで参加したのですが、今回は最初からかなり不純でした。

    具体的に言うと、「朝5時起き」以外のスケジュールは全て守ります。瞑想にも必ず参加します。けれど、常にヴィパッサナー瞑想を実践するわけではなく、ただ静かに座っていたり、多くの時間、考え事をしていたりします。記憶を彷徨っているときもあります。

    考え事をしたり記憶を掘り返したりするのはヴィパッサナーではありません。ついそういうことをしてしまうのは仕方が無いとされているのですが、僕は確信犯的にやっていました。



 正しく言うと、せっかく瞑想修行に邁進できる環境なのに確信犯的にこういう「修行以外のこと」をして損をするのは寝太郎さん本人の問題であって、「もったいない」「かわいそうだ」と思うことはあっても、「ふざけるな」と思うことはないということです。徳は布施をすることでしっかり積まれてるので、する側からしたら彼のことなど、どうでもいいんです。ただの布施を受ける対象でしか無いのです。
 これが典型的日本人には理解できない。これは、死後の世界の存在を確信しないとありえない価値観だからです。そんなものないよと思うならば、リターンを目に見える形で生きてる間に示されなければ損だと感じてしまう。「ありがとう」という言葉でも現金でもいいけど、対価がないと意味が無いと考えてしまう。
 現代の典型的日本人は死後の世界のために徳を積むという行為を基本的に信じてないので、ただで飯を食われたら「あげるだけ損」と考えてしまうから、叩きたくなるのではないでしょうか。

 これこそが現地の人の価値観と日本人の価値観の違いなんです。向こうではふくちゃんも通ったシーク教寺院のタダ飯で知られるように、貧しい人や庶民に無料で飯やものを配るというのはごくごくありきたりの文化なんです。それを利用する人もごくごく普通にいるし、それに金を払わないということをそこまで問題視もされません。

 これは2ちゃんねるでよく自分を叩く人が使う言い方なんですが、「無職には世界中に居場所がない。海外に行ったところで気が休まるなんて、嘘だ」というものがあります。だけどこれは明確な事実。それも、上にあげた内容に関係があります。
 寺に宿泊しても、騒ぐというような他人に対する明白な迷惑行為でもしない限り、なにをするかというのは原則的に個人の自由に任されます。なぜなら、何をするか、もしくはしないかということの結果、因果は、本人が被るからです。ちゃんと修行しなかった結果来世が地獄行きになろうが、他人にはどうでもいいんですよ。
 そういう意味で向こうの社会は徹底した個人主義です。他人が何をしてるかについて、基本的に関心がない。隣近所の人が働いてようが、無職だろうが、ニートだろうが気にしないという価値観が徹底しています。それは街中でもそうだし、寺の中においてすら、そうです。

 私が宿泊した寺には、朝の読経と托鉢以外は、ただひたすら昼寝したりくっちゃべったり、タバコ吸ったりしてる生臭坊主がいました。そういうのも全然問題ないんだそうです。
 ただし、戒律という最低限のルール破りには厳格です。タイには宗教庁があって、戒律破りをした僧侶を厳しく罰します。特に淫行関係には厳しく、現地のマスコミでたびたび取り上げられますね。
 これは寺に滞在してる一般人、つまり、寝太郎さんも同様と考えられます。最低限のルールを守れば叩きだされないし、飯をもらえる。食を乞う者である比丘や修行者に対し伏せをする行為自体が尊いし評価もされるし意味もある。それがどう使われるかはどうでもいいのです。
 このあたり、日本や西欧の寄付文化は明らかに違います。寄付金の収支報告や使途に細かく文句をつけるのが当たり前ですからね。

    あとはこの問題です。具体的な場所も明かしてしまってますしあまりはっきりとは書きにくいのですが、概して言うと雰囲気はルーズでした。ゴエンカ式のストリクトな雰囲気とはかなり違います。お寺の側もそれを承知で運営している節があります。多少の情報収集から察するに、タイで常時不特定多数の外国人を受け入れているようなお寺は規律も緩いことが多いですし、その中でもWat Tam Wuaはかなり緩いほうだと思います。

    Wat Tam Wuaのことを教えてくれたオーストラリア人の知人は、かなり真剣に瞑想を実践したいらしくて、Tam Wuaでは物足りなくなってネパールに飛びました。日本人ならば、真剣にやりたい人はまずはゴエンカなりなんなり日本語のコースに参加すべきです。

    全てのスケジュールに参加することが求められていますが、実際にはフル参加しない人もいます。その辺は、生真面目な日本人よりヨーロピアンのほうがルーズです。

    マナーについても、基本的にヨーロピアンのほうが悪いです。よく喋りますし、瞑想中も勝手にコースを変えたりホールから出て行ったりします。僧侶に対する礼儀作法もあまり学ぼうとしません。比べて、僕は模範囚でした。

    日本人とヨーロピアンでは「真面目」や「誠実」の定義が違うように思います。日本人は決められたことをきちっとやるのが「真面目」だと思っていますが、ヨーロピアンは自分の気持ちに正直に、やりたくないことはやらないのが「真面目」。むしろ、やりたくもないのに形だけ参加しているのは「不真面目」「不誠実」ということになるかと思います。

    他の人に迷惑をかけるような行動(たとえばホールで先生が話しているときに喋るなど)は注意されますが、個人がどれくらい「真面目」に修行に取り組んでいるかということについては基本的に他の瞑想者も僧侶の先生も無関心です。



 これを読んでも「そうだろうな」とだけ、感じました。ここに出てくるゴエンカ式が厳しくなったのは、おそらくその修行法を世界中に広めるためのメソッドとして確立させる過程で、南方の「ゆるゆる」ではなく、ある程度西欧の考え方も取り入れたものになったためではないかと思います。
 そもそもゴエンカ式は10日間の短期日程がその修行法の核であり、10日間で結果を出せるというのが売りです。ですがゴエンカ式も、布施の構造自体は完全に南方仏教の形式に従っています。布施や寄付を一切強要せず、無料での参加を貫いています。
 2ちゃんねるにも書きましたが、私はネパールとインドでゴエンカ式の修行に参加したことがあります。そこで寄付についての話を聞いたのですが、参加者の多くは貧乏人で、実際に寝太郎さんのようにタダ飯タダ宿を目当てに参加する現地人も多いが、それは問題無いという話を受けました。金持ちが大金を出すことで成り立っているそうです。
 このゴエンカ式の修行を受けられる場所が日本では京都と千葉にあって、実はここの運営に近い方に話を聞いたこともあります。これらのセンターは独立採算制で、海外は金持ちによって支えられているが、日本は正直言ってとても厳しい運営状態であるとのこと。というのも日本の場合、金持ちが徳を積むことを目当てに大金を支払いという文化が根づいておらず、受けたサービスについて平等な対価を支払うという感覚が染み付いている。したがって、10泊だとだいたい5万円~10万円ぐらい払う人が多いが、それ以上払う人はほとんどいない。それどころか「無料が原則、好きに寄付してほしい」と言われると素直にそう受け取って無料で宿泊してしまうとか、気持ちで1000円ぐらい払う人が多いぐらいだ、ということでした。

 同様の瞑想会のようなものを主宰してる知人がいるのですが、最初は完全寄付制にしていたのだけど、毎回のように「本当に無料でいいのか?」とか「金額を決めてもらえないと申し訳なくて困る」という人がいて面倒なので、ついに参加費を決めてしまった人がいます。もちろん彼はゴエンカ式の話を知ってるので、「日本人にはお布施という考えは本当に向いてないのだろうなぁ」と嘆息してました。

 以前、ものの豊かな社会はどうなっていくかという記事を書きましたが、これも同様の話です。
 これではタイでOLをしてる人がタイ人の怠けっぷりや他人への過度な依存姿勢を非難することを批判したのですが、記事に出てきた貧乏タイ人が金持ちに依存するのは徳を積ませる行為になるから相手にとっても損ではないという価値観で依存してるのは、間違いのないことなのです。そこに罪悪感を感じないのは、それが明確に相手にとっても徳を積むという確信があればこそだし、それは死後の世界、輪廻転生を当然のものとしているからこそでもあります。
http://etrip.blog.fc2.com/blog-entry-498.html


フランスの生活保護 http://etrip.blog.fc2.com/blog-entry-485.html


    今の日本社会における生活保護の問題は、権利ではなく「おめぐみ」「慈悲」の枠組みで考えられてしまっていることなんです。「基本的人権」「生存権」の枠組みで捉えられてない。もらう人は地に頭をなすりつけ、豊かな人、社会的勝ち組の気分や慈悲におすがりし、おめぐみをいただき生かされる立場でしか無い。怒りを買ったら取り上げられるので、絶対に文句を言ってはいけない。ひたすら頭を下げ、感謝し、めぐんでくれる人々の気分を害さないようにしなければならない。
     でも法律上は「権利」と定められている。権利というのは条件さえ満たせば例外なく該当する人が行使できて当然のものです。頭を下げたり誰かに気に入られたりしなければ行使できないものは、権利とはいえません。


 資産再分配がなされても、それが権利なのかおめぐみ・慈悲なのかでは、結果は同じでもまったく違ったものになります。
 税金として徴収され使われる場合、富裕層は「自らしてあげた」という自尊心を得づらい。税金による再分配がされる側も、だからといって高額納税者に感謝することがあるかというと……まぁ、無いですよね。税金なんだから当たり前だろという態度になりがちです。
 つまり、税金ではなく慈善によって再分配させろというにはしないよりは100万倍マシではありますけど、与えるもの・与えられるものという優位性を絶対に崩したくないというエゴの現れとも言えます。

 宗教的な側面もあるかもしれませんね。「金持ちが天国に行くのはラクダが針の穴を通りよりも難しい」という教えを説くキリスト教の信者であるアメリカ人にとって、地獄に行くことは死よりも恐ろしいことです。生まれ変わりや再挑戦の機会が無い最終決定なので、一度地獄に落ちたら永遠に地獄ぐらしです。
 ですから彼らは、自分の活動がどれだけ社会に利益を与えてるかを自覚できることを望みます。そうして不安感を少し絵も解消しようとする……という心理の仕組みがあるかもしれません。税金だとそれを実感しづらいけど、慈善事業だとわかりやすいですよね。感謝状をもらったり、表彰されたり、マスコミに取り上げられたりします。
 ですが、そういう「ノーブレス・オブリージュ」をくすぐらないと成り立たない社会福祉というのは、極めて不安定。やっぱやーめたとサンディ・スプリングス市に籠もられたら、終わりです。

 こういう発想から抜けられない限り、生存権というのはいつまでたっても「力の強いものに与えられるもの」というレベルを脱せない。富裕層は別に脱したいと思ってないとは思いますけどね。彼らにとっては困ることなんか、ないですから。


2.コストカット=雇用削減ということが本当にわかっているのか?

 富裕層の天国であるサンディ・スプリングス市の住民たちは、収めた税金が適切に使われていないと文句を言ってました。その結果、警察・消防を除く市の公務員はわずか9名になり、あとはすべて民間委託。おかげで予算は想定の半分で済むようになり、浮いたお金で治安維持のサービスをはじめたと解説がありました。
http://etrip.blog.fc2.com/blog-entry-456.html




ジャンゴレコード @djangorecords  ·  3月22日

1990年代には毎月300万円前後の売上げがあったので、半月の総売上額が10万円にも届かなくなっている現在は、もはや死も同然です。開業以来28年間の最低記録だった先月2月はまさしく死そのものでしたが、3月は瀕死の中にもわずかな希望が見えます。今日もありがとうございました。
https://twitter.com/djangorecords/status/579633221878452224



小沢 一郎 代表
 何か一部にですね,「法治国家,民主主義国家だから一度決めたことは,やんなきゃダメだ」 という議論が出ているようですけれども,それはまったくおかしな(議論であり,意味が)反対ですよね。
 民主主義国家だからこそ,政権が変わったら,国民のその意思を汲み取りながら,自分自身の政策を進めるというのは当たり前のことで。
 前の政権の(政策)をずっと引き継がなきゃならないっつうんじゃ,政権交代にならないし,民意はいつまで経ったって反映できない。
 当たり前のことで。

 ですから,知事の許認可に係わることは,沖縄県の新政権が,それは考え方が違うと(主張している)。
 県民も,その主張を認めて選挙に勝ったわけだから。
 それは筋道として何もおかしいことではないと思います。
 国が強制執行するというのは,法律的には多分,やれば,やれるところが,かなりあると思いますけれども。
 ま,僕は,そんなことまで政府がするとは思いませんけれどもね。
 ですから,後は知事がきちんと自分が県民に話したように,その主張を腹を据えて通せば,その意味では,事実上,強行することはできない。わたくしは,そう思います。

山本 太郎 代表
 日本は法治国家だというお話しですけれども,翁長知事は法令に基づいた岩礁破砕の取消しを求めているわけです。意味が分かってるのかという話しですよね。
 先ほど言われたとおり日本は民主主義であるわけだから,直近の選挙でも,その前の選挙でも沖縄の民意は,もうはっきりしていると。辺野古に基地はいらないということは,もう決まったんだよと。それをドヤ顔で民主主義国家だと言う人たちの気が知れないと。
 まさに今やろうとしていることは,政府の皮を被った「強盗」に近い形,無法者のような集団だなというような印象を受けますね。
 こんなことが続くならば。止めるなら今だろうと思うんですけれども。

○○○JAPAN ; 流出ヴィディオについての先週金曜日のツイッターのコメント,玉城議員の公式の発言として認識してよろしいのか。内容は「政治的な意図があって...」

玉城 デニー 幹事長
 ヴィデオの流出の問題の件ですね。私から少し経緯を紹介いたします。
 実は2月22日に,いわゆる基地施設の境界ラインから入ったということで 県民2人が強制逮捕された事件に関して,それを基地の内側から撮ったヴィデオが,一般の男性がそれを加工してYou Tube に流したという件について。私はツイッターで「政治的な意図があったのではないか」というふうなことも追及させていただきました。

 そのヴィデオを流した方,沖縄県の政策広報,アメリカ海軍の海兵隊のナンバー2の方が,その直後,結局解任処分を受けたということで,名前と写真入りで新聞にも報じられたとおりです。 
 その前後で流すということはつまり,県民同士の分断の意図があったのではないか。あるいは政治的に含みを持たせた,その流出だったのではないかというふうなことで,ツイッターでコメントさせていただきました。
 その旨については,もう新聞でも報道されているとおり,その担当者という方は処分を受けたと発表されています。 
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-2758.html

地球環境は中国、インドの経済成長に耐えられない
―――おっしゃることは分かります。暴力を使わずして主権国家を維持し、近隣諸国とも平和に共存できれば理想です。しかし、例えば今の中国政府は、世界のトップになるという「中国の夢」を実現することに強いこだわりがあります。そこには帝国主義時代に西欧列強や日 本から受けた屈辱を何としても晴らしたいという強い決意を感じます。そう考えると、彼らに「パワーの追求」という考え方を変えてもらうのは難しいように思 います。

 ミシュラ:残念ですが、確かに難しいでしょう。中国人の意識には19世紀以降の帝国主義によって受けた傷がそれほど深く刻み込まれているということでしょう。中国が世界一になりたい、欧米に認めてもらいたいと考える発想は、20世紀初頭に日本が強い国民国家を築こうとした発想と全く同じです。中国が本当に日本を見返したいなら、日本とは 全く異なる道を提示し、日本より高尚な道を進むことが見返すことになるが、そういう発想が今の中国にはありません。残念なことです。
 ただ、1つ言えるのは、中国が経済成長を求め続けても、14億人もの人口を抱える中国が、欧米や日本のような経済発展、生活水準を実現することは現実的に考えて難しいということです。これは12億人の人口を抱えるインドも同じです。

―――地球環境が、それだけの人口が先進諸国と同じ生活水準を享受することに耐えられない…。

 ミシュラ:環境的に耐えられないだけでなく、地球にそれだけの経済発展を遂げるための資源はありません。明らかです。冒頭でも言いましたが、ガンジーもタゴールも、絶えざる経済成長は、 自然への負荷が重く、地球への打撃が大きすぎる、すべてを破滅させかねないという一種の直感力を備えていました。実際、猛烈な工業化や都市化は、気候変動といった問題だけでなく、人間の心の面にも大きな危機をもたらしています。
 中国もそうですが、インドでもダムや原子力発電所の建設や大企業の進出に伴って、長年住んできた村などを捨てることを余儀なくされる人が多くいま す。昨年もインドで、ある鉱山会社が保護区とされている森を生活基盤にして暮らしていたある部族を追い出して開発を進めようとしたところ、強い反対運動が 起きて大きなニュースとなりました。

 すべての人が都市部に移住するのが理想か
 抵抗運動を続けた結果、インドの最高裁が彼らに2つの選択肢を示しました。鉱山会社が提供するお金を受け取って自分たちの住処を去り、近くの街に 移ってアパートに住むか、そのまま今住んでいるところにとどまるか、いずれを選んでもよい、と。すると、実に大多数の人が今、住んでいるところにとどまり たい、という結論を出したのです。
 インドでは最近、こうした決定を下す人が増えています。20年前なら多くの人がお金を受け取って街に移り住みました。選択肢すら与えられなかった人も多い。しかし、ここへきて移住することを拒否する人が増えているのは、移住した人たちがどうなったか知っているからです。多くが都市部のスラム街で貧しい生活を余儀なくされた事実を知っているのです。
 長く大事にしてきた生活の基盤やシステムというのは、その人々にとってはいわば神聖なもので、ひとたび手放すとすべてを失ったに等しくなってしまう。多少のお金と携帯電話を1~2台もらったところで、失ったものを埋め合わせられるわけではないと理解しているのです。
 都市部に出て給料を稼げば、GDP(国内総生産)などの統計に反映され、インド経済の成長には寄与するかもしれません。しかし、実際には給与を毎月受け取っても、インフレが凄まじいために結婚もできなければ、家族を呼び寄せることもできない。多くは貧民街に住み、汚れた空気を吸いながら、経済的にだけでなく、精神的にも非常に貧しい生活に陥っていきます。生活の質が落ち、健康問題を抱える者も少なくありません。

中東が崩壊しつつあるのも歴史の必然
―――要するに、これまでの経済モデルが限界を迎えつつあるだけでなく、西側諸国が中心になって築いてきた国民国家を単位とする今の世界の政治的な枠組みも時代に合わなくなりつつあるということでしょうか。

ミシュラ:それを如実に物語っているのが今の中東情勢ではないでしょうか。今の中東は、まさに欧州帝国主義の産物です。その産物が今、崩壊しつつあるということです。
 ご存じのように、1916年に英仏露の3カ国がトルコ帝国領の分割を定めたサイクス-ピコ協定を結び、これら中東の地は欧州帝国主義か独裁者によってしか統治できないようにしてしまいました。この時点で、中東の枠組みはいずれかの段階で崩壊を迎えることは必然でした。
 欧州は過去にもこうした既存の秩序がすべて崩壊し、様々な狂信的な発想が台頭してくるという事態を何度もくぐり抜けてきた経験があります。30年戦争や宗教改革などはその一例です。長きにわたり、社会を結び付けていたものがばらばらになっていき、凄まじい暴力が発生し、崩れながら何十年もの混沌の時代に突入していく。これと似たことが今、中東で起きている。
 帝国主義以降、西欧が築いてきた古い国民国家という政治的枠組みそのものが限界を迎えているということです。
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/6d4eeff35a2e56847c6498130410257a


盛大にスピンしまくって隠したいのは、今は「沖縄・辺野古」です。あくまで今は。
http://takashin110show.blog119.fc2.com/blog-entry-2202.html

都合の悪いことはスピンニュースで隠し、逆にテレビで首相の露出機会を増やす。その時間は内容はどうでも良く一方的に語る事が大事。
人々に考える時間を与えない工夫がそこかしこに見て取れます。
御用広告代理店クォリティですね。
http://takashin110show.blog119.fc2.com/blog-entry-2200.html


鳩山元首相のクリミア訪問で一斉に批判報道!「米国発の情報中心」「米国追随の外交」と本質を突かれたから? http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2475.html


 琉球新報辺野古問題取材班 @henokonow
10日午後0時すぎ、名護市辺野古への新基地建設に反対する市民らが乗った小型ゴムボートに海上保安庁の巡視艇が乗り上げました。フロートを越えたゴムボートを巡視艇が追尾していました。詳しくは11日付朝刊で。 #henokonow pic.twitter.com/xzh7cteoTK
https://twitter.com/henokonow/status/575209495086784512


空爆で両腕と左腕を失うも、教壇に立ち続けるガザの教師の姿です。
http://jp.reuters.com/news/oddlyEnough/rpSlideshows?articleId=JPRTR4TV8L#a=1

ある日突然両脚と片腕を失ったらどれほどショックなのでしょう?それでも教壇に立って教育をする、凄いなあ。

結局、戦争や差別のない世界をつくるのは、教育(大人や社会そのものへの社会教育を含めて)ですものね。
http://catalytic.exblog.jp/22897701/


反社会勢力うんぬんかんぬん・・・いろいろとヤクザや右翼という組織への取り締まりが厳しくなってるようでもあるが、そんな決まり事を作ってる連中こそ、もっと悪辣な反社会勢力だったという笑い話もある。
http://ameblo.jp/koteginza/entry-12005024558.html


『メディアにおけるマイノリティに対する #ヘイトスピーチ と憎悪扇動』に関する #国連 報告書を抄訳しました。是非ご活用ください! http://imadr.net/unreportonhs/
https://twitter.com/IMADR_Geneva/status/572670472359424000


降板撤回には、もう一押し必要です! 今も、応援メールが届き続けて番組は驚いているそう。 恵村さんを守れ!! 報ステ→http://goo.gl/VGf7vn  テレ朝→http://www.tv-asahi.co.jp/contact/  古舘プロジェクト→http://www.furutachi-project.co.jp/utility/contact.shtml …
https://twitter.com/ouenhst/status/573059888537976832


沖縄国家公務員労組は4日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、移設予定地に隣接する米軍キャンプ・シュワブのゲート付近に反対派市民が設営したテントの撤去に向けた業務は職員に苦痛を与えるとして、関わらせないよう内閣府沖縄総合事務局に申し入れた。

 労組が事務局に提出した申し入れ書によると、撤去に向けた反対派への監視活動は「県民と敵対し精神的にも肉体的にも耐えがたい苦痛だ」と指摘、テント撤去が目的の業務に職員を動員しないよう求めた。
 労組によると、対応した事務局幹部は「国道の不法占用を正常化するための業務だ」と説明したとしている。
 これは、共同通信の配信記事で、記者は辺野古新基地建設がはらんでいる構造的問題をよく理解している。

 辺野古で警備している沖縄県警の警察官、沖縄防衛局に雇われているガードマンの多くは沖縄人青年だ。
 反対派と対峙する現場に、日本人の高級官僚や政治家は出てこない。
 こういう手法は、典型的な植民地における分断統治だ。
 沖縄人を沖縄人と敵対するような行動に駆り出すことに、国家公務員労組が異議申し立てをした、という出来事は、沖縄に対する構造的差別を脱構築しようとする現実的な動きだ。
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-2749.html


日本のエネルギーは原発に頼らずとも100%自給できる~経産省が封印したがっている事実~ http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302339


ヤクザを排除しても「より悪いものしか出てこない」理由 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302334


ウクライナ問題の深層 IMFとモンサントらによる土地の乗っ取り http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302332


仁尾淳史 次の準備を!! ‏@atsushi_mic 6時間6時間前 沖縄県 名護市

翁長知事が本日14時30分に県庁で記者会見をし工事作業の中止命令を下しました。 その朗報を受けて辺野古キャンプシュワブゲート前に集まる人々は歌と踊りで喜びを分かち合いました。
https://twitter.com/atsushi_mic/status/579909801494192128


沖縄は独立の方向でいかないとねえ。もう本土の人間を信用しちゃダメ。知事は積極的に中韓台露からの資本を誘致しよう。


大宜見洋文 ‏@yobun_ogimi 3月11日 沖縄県 南風原町

(ー ー;)だよなぁ…@minerin999:消費増税分3%の穴埋めは 新聞、雑誌を解約しておぎなう NHK受信料も、当然不払いだ やられたら やりかえす 我々 日本国民を、舐めないで頂きたい  #ですって。
https://twitter.com/yobun_ogimi/status/575674208316887041


途方も無い自然災害に人間が作りだしたゲンパツ事故が重なったため、数万人の被災者が住む場所を失ったまま、故郷に戻れずにいる
日本の政治家はフクシマで巨大事故を起こしたにもかかわらず、ほんとうの意味での状況の改善には目をつぶったまま

ドイチェ・べレ(ドイツ国際放送) 3月11日
http://kobajun.chips.jp/?p=22630



  民主党・山井議員 「労働者は歴史上最大の危機を迎えている」 3/23  日刊ゲンダイ

  派遣法改悪、残業代ゼロ、クビ切り自由化…

 今年の春闘、大企業はどこもかしこも大幅アップに沸いているが、その裏側では労働者イジメの悪法が次々と国会に提出されようとしている。
 それも前代未聞の強引さで。働く人にかくも冷酷な安倍政権の実態と、法改悪の恐ろしさを野党の論客、民主党衆院議員の山井和則氏(53)に聞いてみた。

――春闘は史上最高ベアに沸いて、サラリーマンも浮かれているように見えますね。

 実は、大ピンチなのです。今の国会は労働者にとって、歴史上最大の危機を迎えている。
 なぜかというと、「悪の3点セット」のような法案が出されて、数の力で押し切られようとしているからです。
 1つは派遣法改悪、2つ目は残業代ゼロ法案、3つ目は年内に審議会で議論される首切り自由化法案です。
 大企業が今度の春闘で景気よく賃上げに応じているのは、今後、正社員を派遣に切り替え、残業代をゼロにできて、金銭さえ支払えば、解雇を自由にできるようになるからです。

――賃上げしても、総人件費で見れば、コストカットが見込める?

 その通りです。だから、大盤振る舞いできるんです。サラリーマンは騙されたらいけません。

――具体的に、この間、閣議決定された派遣法の改正、それと、近日中に閣議決定される残業代ゼロ法案ですね。どの辺が問題なのでしょうか?

 まずは、これまで雇用労働法制というのは、労使合意が大原則だったんです。
 法案提出前に厚生労働省の審議会である労働政策審議会で労使の代表が議論して、中身を詰めて合意する。そうやって、法案が出てくるので、国会でも与野党ともに賛成する。
 逆に、労使が合意していない法案は出てこない。これが慣行だったんですね。
 7年前、第1次安倍政権は労使合意ができなかったので、ホワイトカラー・エグゼンプション(残業代ゼロ)の法案提出を断念しました。
 ところが、第2次安倍政権になってから、この慣行が崩れた。
 労働政策審議会で労働側が反対した法案を国会に出してきて、強行採決でもなんでもやって、成立させようとしている。
 政策決定過程が根本から変わってしまった。

――数の力の驕りですね。

 その通りです。それに財界、経団連が悪乗りして、従来からの悲願である法改悪を一気にやってしまえというムードになっている。
 働く者からすれば、地獄の始まりですよ。

  正社員の求人はどんどん減り、一生派遣が固定化

――派遣法改正で、これまで「最長3年間」だった派遣期間は条件付きで無期限派遣が可能になります。
 通訳など「専門26業務」に限定されていた無期限派遣の規制も取っ払われます。
 派遣労働者を3年ごとに入れ替えて、ずっと、その仕事を派遣に任せることも可能になりますね。

 ドイツでは今から12年前、最長派遣期間の上限規制を撤廃しました。
 その結果、2004年は38万人だった派遣が2011年には88万人に倍以上に増えました。
 規制を撤廃すれば、日本でも間違いなく派遣が増えて、正社員の求人が減ります。
 一生派遣の若者が激増します。

――政府は正社員が増えると言っています。

 派遣労働者の方から何十回も話を聞いているんですが、派遣の方々が共通して訴えているのは、「一度、派遣になると、正社員になれない、なりにくい」というシビアな実態です。
 履歴書の職歴にいくつもの会社の名前が並び、ずっと派遣だったとわかると、それだけで落とされてしまう、というんですね。
 しかも、派遣は40、50代になると賃金が下がっていく。受け入れ先も減ってくる。人生設計が成り立たないんです。
 だから、なかなか結婚もできないんです。半年先、1年先の生活が不安定であれば、求婚できない。
 人口減に拍車がかかり、社会が荒廃することになります。

――政府は働き方の自由度、選択肢が広がるとも言ってますね。

 中には一時的に派遣で働きたい人もいるでしょう。
 でも、厚労省の派遣労働者実態調査(2013年)によれば、「正社員として働きたい」人が全体の6割もいる。
 それに、働き方の選択肢が広がるというのであれば、同一労働同一賃金、均等待遇が大前提です。欧州では当たり前で、違反すれば罰則規定もある。
 ところが、日本は派遣と正社員の時給を比べると2倍以上の開きがある。
 育児休業を取っている女性は派遣は4%、正社員は40%です。全然待遇が違うじゃないですか。
 厚労省の課長がいみじくも言ったように、「派遣労働はモノ扱い」だったし、それを拡大させるのが今回の改悪です。

――もうひとつ、政府は法案に雇用安定措置を付けているとして、雇用は悪化しないと強弁している。

 派遣労働者が引き続き就業を希望する場合は、派遣会社が派遣先に直接雇用の依頼をする。
 あるいは新たな派遣先を提供したり、派遣元において無期雇用する、などの措置のことを言っているのでしょうが、ちゃんちゃらおかしい。
 派遣会社から直接雇用を頼まれて、派遣先企業が簡単に雇いますか。いい人材であれば、頼まれなくても雇うし、そうでなければ雇わない。
 派遣会社が新たな派遣先の提供? 当たり前じゃないですか。それが派遣会社の本来業務でしょう。

 語るに落ちたのは、修正法案に「派遣労働が大幅に増えたときは法律の見直しを検討する」という文言が入ったことです。
 政府は「法改正で派遣は増えない」と言い張っていたのに、なぜ、こんな文言を入れるのか。自ら欠陥法案(派遣を増やす)であることを認めたようなものです。

  ■安倍政権は世界一労働者が過酷な国を目指している

――残業代ゼロ法案(労働基準法改正)の方はどうですか?

 この法案の対象になるのは年収1000万円以上で、金融アナリストなどの高度プロフェッショナルとされてきました。
 ところが、法案には新たな対象も盛り込まれます。企画、立案、調査、分析に加えて、営業や管理にまで「残業代ゼロ」の裁量労働制の対象を拡大するのです。

――もともと経団連や財界は対象を拡大しようとして、年収400万円以上とか、全労働者の10%とか言ってきましたね。

 自分は年収1000万円以下だから関係ないと思っていたら大間違いなんです。
 高度プロフェッショナルで、管理職ではない人は数十万人ですが、拡大される裁量労働制は年収が200万円でも対象になり、100万人以上に増えかねない。
 厚労省に何万人の営業マンが対象ですか、と聞いたところ、「分からない」と答えたくらいです。
 こんなのが導入されたら地獄ですよ。これまでは100個売ることがノルマだった営業マンがいきなり、150個のノルマを課されて、明日から裁量労働制だ、と言われれば、残業代ももらえなくなるのです。

――それは断れない?

 上司に言われて断れますか? なかなか断れないと思います。
 いま、ちまたではどういう本が売れているか知っていますか? どうすれば残業代を払わずに済むのかという経営者向けのハウツー本です。
 そこには「裁量労働制を導入せよ」と書いてある。

――ちょっと待ってください、高度プロフェッショナルと違って、裁量労働制の方は夜間手当とか、休日手当は払われるんですよね?

 法的にはそうですが、実際はほとんど払われていません。
 裁量労働制の対象業務はタイムカードになじまないケースも多く、全体の42%が労働時間が不明なので、過労死しても労災認定されません。

――高度プロフェッショナルの方も年収1000万円以上という目安がすぐに下がるんじゃないか、と懸念されていますね。

 塩崎大臣に国会質問しました。「先のことはわからない」と否定しませんでした。
 今度の法案では極端な話、24日間、ぶっ続けで24時間、残業代ゼロで働かせることもできる。
 過労死が激増する恐れがあります。

――そもそも、安倍内閣はなぜ、こんな労働者イジメに邁進するのか。人口は減るし、経済はヘタってくるし、いいことはひとつもないでしょう?

 安倍政権が目指しているのは世界で一番、企業が活躍しやすい国です。
 それは裏を返せば、労働者が世界で一番、過酷な国になるのです。

▽やまのい・かずのり 京大工学部卒、大学院で修士。2000年の衆院選で初当選。現在6期目。元厚労政務官。
 ーーーーーーーーーーーーー
※ 日本の雇用労働はまるで封建制の農奴制度のようだとよく言われるが、この改悪で死ぬまで強制労働の「奴隷制」に近くなるのが必至だ。
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-2751.html

世界的リサーチで有名なギャラップの「国ために戦う」と云う意思が、国民にどの位あるのかと云う調査結果が発表された。安倍首相の「普通に戦争できる国」が如何にも国民から絶賛を浴びているのだろうかと思っていたが(笑)、酷く残念な調査結果が出てしまった。世界64カ国対象の調査のようだが、何と11%で「ビリ」なのだそうである。情けないとも言えるし、良かったと思う部分もあり、少々結果自体は複雑に受けとめている。 そのような国民に、最後にはオマエ達がお国のために戦うのだ、と力説しているのだから滑稽だ。

概ね日欧米など先進諸国が「自国のために戦う意思」が少ないようだが、ある程度までは、納得が出来る。現状維持+アルファくらいで、それ以上を、他と争って求めない傾向があると云うことだろう。まあ、調査結果を見る限り、日本人は、現状に、かなり満足している事が窺える。また、第二次大戦で敗れた、ドイツ、イタリアが日本に次いで低かった点をみると、いまだ、敗戦の教訓が少なからず残っている事も窺える。おそらく、世代間で、かなり認識が違うだろうが、国民全体としては「普通に戦争できる国」と云う観念は、国民世論から遊離した、ひとり相撲な思い込みと云うことを、示してもいるのだろう。

 まあ、良くも悪くも健全と云うか、自己中心的思考経路が行き渡り過ぎていると云うことかもしれない。そう言えば、だいぶ昔、ギャラップの両雄調査会社、ピュー・リサーチ・センターの調査で、「自力で生活できない人を政府が助ける必要はあるか」の調査を、47か国対象に行われたのだが、日本は38%もの人々が、「助ける必要はない」と答えたそうである。欧州や中国、韓国における「助ける必要はない」と答えた人々の割合は、ほぼ10%前後だった。自由主義の傾向が強いアメリカでさえ28%だったことを考えると、日本って国は、どういう国なのと考えざるを得なくなるのだ。

ピュー・リサーチ・センターの調査は2007年に行われたものだから、東日本大震災を経た後の、日本人の意識は多少変わったかもしれないが、基本的傾向は変わっていないだろう。この情報は、ビデオニュースドットコムの番組で、経営コンサルタントの波頭亮氏がこの調査結果を引き合いに出し、自著『成熟日本への進路「成長論」から「分配論」へ』の考えを論じていた。同氏の主張全体は判らないのだが、日本人が口々に「景気が好くなって欲しい」と云うお題目は、まさにお題目で「神話」である事は百も承知だ。しかし、念仏は「南無阿弥陀仏」と言うように、「景気は好くなって欲しい」は合言葉、乃至は本音を言わないぞと云うメッセージなのかもしれない。

それが証拠ではないが、経済は根本的に何年も僅かにしか成長していないし、実質所得は減少傾向に歯止めがかかっていない。最近は日本のメディアが、春闘・空前のベアなんて、最も利益の出ている輸出大企業の話を振り撒くことで、祭りの掛け声のようなプロパガンダ報道をしているが、多分、国民の大多数は、これから日本の経済状況は悪くなるのだろうと、秘かに思っているような気がする。ただ、筆者のように不景気な話はする、そういう考えは聞きたくもないわけなのだ。なぜか?確実に来ることが、肌でひしひし感じているのに。追い打ち掛けるように語るんじゃない!と言っているのだろう。

その肌で感じているものが、自分たちの生活のコアにあるとなると、これは当然のことだが、守りの意識が強くなる。使えません、いつ飢え死にするか判らないのだから。政府をどこまで、いつまで信じられるか、判ったものではない。となれば、他人のことなど考えている暇はなくなる。或る意味で、自然の成り行きだ。農村を中心とする村共同体が、明治維新、富国強兵、敗戦、高度経済成長、バブル崩壊の一連の流れの中で、中央集権的都市国家主義が日本を歪めてきたのだな、と宇沢弘文氏の考えに思い至るが、昨日のコラムでテーマとした、西郷隆盛の言葉からも、日本の歴史は、戻すことが不可能な程までに、大きく正常軌道を脱線して、リニアのように、地に足を着けずに突っ走ろうとしている。何ゆえに、どこに行こうとしているのか、走っている癖に、判ろうとしない。筆者も、その辺のことが、理解不能になりつつある。
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/a633107eaa719800af69933922228208



国連開発計画(UNDP)が2014年7 月に発表した「人間開発報告書」2014年版によると、国民生活の豊かさを示す豊かさ指数(HDI)の1位はノルウェーで、2位のオーストラリア、3位のスイスなど以下欧米諸国が並ぶなか、日本は韓国の15位よりも下位の、17位であった。先進国のなかでは低い方だ。報告書では世界で22億人が貧困か貧困に近い状況に置かれていること、全労働者の半分近くに当たる15億人が非正規雇用で、世界人口の8割が年金など包括的な社会保障を受けていないという指摘がなされている。こうした中での17位は豊かといえるかどうかも微妙である。

 そんな日本で現在、6人に1人の子どもが貧困状態にあるというショッキングな事実が示された。『子どもに貧困を押しつける国・日本』(山野良一/光文社新書)によると、日本における貧困状況にある子どもの割合(相対的貧困率)は、本書刊行当時の厚生労働省の最新データ(2012年)では16.3パーセントとかなり高いものであるという。またユニセフ・イノチェンティ研究所のレポート「レポートカード10」におさめられている「子どもの貧困測定」では、2009年頃のデータにより測定された各国の貧困率が示されており、日本は先進国中ワースト4位の貧困率となっている。


 この貧困率とは「貧困ライン」という基準に満たない所得で暮らす子どもの“割合”だ。「貧困ライン」はおおむね、そこに住む人間の年収から、社会保険料や税金等を差し引き、政府からの公的な援助を足した可処分所得を算出したうえで、その平均値ではなく中央値を決め、さらにその中央値の半分……として計算する。日本の貧困ラインは2012年のデータでは122万円。これは1人世帯の金額で、親子2人世帯では年間約173万円(月額約14万円)、親子4人世帯では約244万円(月額約20万円)となる。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302238


日本のマスコミは、アメリカの「大麻」解禁については大きく取上げた。
しかし、これ程多くの国(特に欧州)で解禁が近年行われていた事は意外な事実。要は、世間には隠されていた事実。

日本では未だ、「大麻=麻薬=悪いもの」としての思い込みが強い。
世界の大麻事情は2010年以降、解禁へ大きく動いている。
日本人が「大麻」にネガティブなのは、完全にマスコミ操作である。

■「大麻OKの国」は一体どこ?
<各国における「大麻」の非犯罪化(解禁)>
2015年2月末時点、全米23州、他21ヵ国で大麻が合法化されている。
オランダを除き、2000年代に解禁が始まり、2010年以降が顕著である。
医療用としての解禁が主だが、嗜好品利用が一部合法化された国がある。

 国名         解禁年
オランダ       :1996年(一部嗜好品利用可)
ベルギー       :2001年(一部嗜好品利用可)
ポルトガル      :2001年(一部嗜好品利用可)
イギリス       :2004年(一部嗜好品利用可)
スペイン       :2006年(一部嗜好品利用可)
オーストリア     :2008年
チェコ        :2010年(一部嗜好品利用可)
ドイツ(ベルリンのみ):2010年(一部嗜好品利用可)
ロシア        :2010年
アメリカ(23州)   :2012年(一部嗜好品利用可)
※ワシントン州、コロラド州は嗜好品利用が一部可。
スイス        :2013年
フランス       :2013年
ルーマニア      :2013年
ウルグアイ      :2014年
イタリア       :2014年

その他、大麻利用(殆どが医療用利用として)が合法化されている国。
・フィンランド
・カナダ
・スリランカ
・オーストラリア
・イスラエル
・カメルーン

■建前では違法ながら、ほぼ解放状態。
<ネパール・インド・ニュージーランド・ラオス>
国が大麻の取り締まりに本腰を入れてない。
昔から大麻が生活に密着してたから、大麻禁止の概念が定着しない。
道端に生えており、そこら中で売られ、子供も大麻のお菓子食べる。

【ネパール】
年に一度の「シヴァラトリの日」は大麻が解禁される。
皆が街中で堂々と大麻を吸う。
普段吸わない人もこの日だけは大麻を楽しみ、大麻料理をふるまう。

【インド】
州立専売公社で販売していたが、欧米に基準を合わせ1989年に違法化。
大麻はシヴァ神の贈り物とされ庶民の生活に根付いている。
違法だが今も都心を離れれば変わらず路上で売られている。
市民も修行僧も大麻をふかすが、大量密輸入に関しては厳しい罰則。

【ニュージーランド】
2011年、大地震の被災地に1グラムずつ大麻が無料で配られた。
※NZでは大麻は違法だが、個人使用に関しては黙認で喫煙率は約15%
 
【スイス】
大麻を非犯罪化は2013年10月1日。ヨーロッパでも特に大麻消費量が多い。
改正はオランダ、ベルギー、チェコ、スペイン等の解禁国とは異なる。
“10g以下の所持は1万円程度の罰金を課し、犯罪歴には残さず”。
個人使用での所持についてはほぼOK状態だった。
今回の「違法」→「非犯罪化」は、現状に合わせて法整備をした形。 
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302226


日本軍はなぜ、正しい方向転換ができなかったのでしょうか。なぜ、合理的な判断を妨げる「空気」というものが醸成されてしまったのでしょうか。

 日本軍の作戦過程で何度も出現した「空気」について理解するために、現在、経営学等でも指摘されている、集団が誤った結論に飛びついてしまう心理的要因をもとに、以下の4つの要素にまとめてみましょう。

(1)既にある多くの犠牲を取り戻したい心理(埋没費用)
 サンク・コスト(埋没費用)は経済用語の1つでもあるのですが、簡単にいえば既に投下したが、回収不能だとわかったコストを意味します。
 既に多くの犠牲を払ってしまったプロジェクトに対して、完成しても採算が取れないと(途中で)わかった場合でも、多くの人は投入した損失そのものを取り返すために、さらに損害を重ねることがあります。
 日本軍の参謀たちは、ずさんな作戦計画で多数の兵士が犠牲となった戦場に、あくまで固執して部隊を投入しています。味方兵士の多大な犠牲を払ったことで、逆に勝つまで撤退できないと強く思い込む心理は、まさにサンク・コストの罠にはまっています。

(2)未解決の問題への心理的重圧から逃げる
 問題に対して解決策を見つけられない状態は、大変ストレスが溜まります。特定の集団が、ある問題に対して苦労して解決策を導いた場合、その解決策が実施の際に適切に機能しなくても、未解決の状態に戻りたくないという心理が働くことがあります。
 当初組み上げられた「作戦計画」が上手くいかないことを認めると、未解決の状態へ逆戻りすることになります。この心理的重圧から逃げたいという欲求で、上手くいかない現実を認められない状態になるのです。

(3)愚かな判断を生む人事評価制度
 日本軍は「やる気を見せること・積極性」が組織内の人物評価として重視され、戦果や失敗責任については考慮される比率が低い集団でした。この歪んだ人事評価制度はのちに、無謀な作戦を実行し責任を取らない人物を日本軍の内部に増加させてしまい、敗北を決定的にします。
 組織内政治、ゴマすりばかりが上手な人物が出世することになれば、実務能力があり判断の優れた人物が無能な人間の指揮下に入ることになり、前線の混乱と敗北は避けられないでしょう。
 組織は内部で出世させる人物の「基準」によって、極端に無能になることもあれば、極めて優れた成果を生み出す集団にもなるのです。

(4)グループ・シンク(集団浅慮)の罠
 特定の集団内における関係性、立場などを客観的な事実より優先して物事を判断すれば、現実世界における目標達成力を失う原因になります。
 歴史の長い老舗企業、巨大組織などで過去の関係性、肩書き、人間関係などが判断において大きな比重を占めるなら、その集団は外部における現実への対応能力を大きく損なうことになるでしょう。
 ビルマ防衛の体制を崩壊させたインパール作戦では、牟田口中将が個人的な想いからインド国境への進軍をたびたび進言しますが、あまりの非合理さから日本軍内でも否定的な意見が相次ぎます。
 しかし、牟田口と人間的な関係が深かった上司、河辺方面軍司令官は私情に動かされて無謀極まる作戦を止めませんでした。
 非現実的な判断と行動の結果は、参加人員約10万のうち戦死者約3万、戦傷・後送者約2万、残存兵力約5万のうち半分以上が病人という「莫大な犠牲」で終わりました。

 以上が「空気」を生み出す4つの要素ですが、戦時中、日本人が合理的な議論を放棄して盲信してしまった事実は、大いに反省すべき点です。上層部の作戦に関わらず、大東亜戦争開始時には、戦争に反対する日本人より、戦争に肯定的だった日本人のほうが多かったこともまた事実なのです。
 現代の日本企業においても、「空気」によって合理的な判断が妨げられている企業は数多く存在しているはずです。
 敗戦という悲劇の歴史を忘れず、これからの日本と日本人は、「空気の欺瞞」を打ち破ることを肝に銘じるべきです。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302222


オウムオウムという前に創価や統一の弊害を説いてみろよw>>マスゴミ


3/13東京高裁、不正選挙裁判の音声及び、感想
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302265


3/5大阪高裁の不正選挙不正裁判の録音・答弁文字おこし
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302262


親露を鮮明にした鳩山・元総理を国賊扱いする安倍自民党と岡田民主党と外務省:ロシアの石油利権を奪取したい勢力の反共プロパガンダに毒されているに過ぎない!
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302247



NYタイムズ東京支局長指摘 「大新聞は国民を見下している」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158019


このウォールストリートジャーナルの記事が発信源となって、間髪おかず他の欧米メディアが次々と取り上げています。
以下はウォールストリートジャーナルの記事の全文訳です。
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3483.html



彼だけでなく、創業経営者として会社を発展させ、上場させた後も長い間トップに君臨する人は、「詭弁」が得意ですよ。様々なレトリックを使い、自分の考えや判断を正当化させるものでしょう?だから、長期政権が可能になる。権力を長く握ると、感覚がマヒする。

 たとえば最近では、大塚家具の創業経営者が記者会見で、幹部社員をずらりと並べて登場させたでしょう。あれが一般庶民にどう映るか、といった感性がないのかもしれませんね。

筆者 娘の社長が、「見苦しい姿をお見せして申し訳ない」と話していましたね。ところで、前職の社長はなぜ、そこまでしてレトリックを使うのでしょう?

A氏 それをしないと、生きていけないほどにナイーブなんですよ。恵まれない過去を  生きてきたから、極端に人の目を気にしたり、自尊心が傷つくのが怖いのです。だから、常に自分を正当化し、自分中心の体制をつくり、決して後継者をつくらない。側近をつくることはしても、後継者はつくらないのです。側近には、野心的な人は置かない。

 まるで宗教団体みたいでしょう?創業経営者で大きく成功する人は、得てして宗教的なことを口にする。あの社長は宗教を通り越し、カルトですよ。まるで、十数年前に事件を起こした〇〇〇教みたいなものでしょう。企業経営と宗教は関係がどこかのレベルであるものだけど、せいぜい、□□□教や△△△教レベルに留めておかないと、問題があると思う。
http://diamond.jp/articles/-/68499?page=2


停NSAの技術系諜報員・ジム・ストーンは、東電福島原発はスタックスネット(プラントを誤作動させるコンピュータ・ウィルス)に感染していたと証言しています(注2)。このスタックスネットを開発したのは、NSAとイスラエル軍部です(注3)。さらに、ジム・ストーンは、東電福島原発には、ペンシル型の小型核爆弾が、マグナBSP(イスラエルの監視システム機器会社)の設置した東電福島原発の監視システムに組み込まれていたと証言しています。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-12003521497.html


【スクープ】 安倍がヘイト本出版社から200万円以上の本を買ってたことが発覚 これには在特会もニッコリ
 http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1420287799/ …

原発輸出追及され動画撮影禁じた経産官僚   http://tanakaryusaku.jp/2015/03/00010838 @tanakaryusakuさんから


被災者のつらく厳しい時間は、まだまだ終わることなく続いている
極めて多くの復興事業が必要なのに、予算を使い切れずに返してしまうなどあまりに馬鹿げている
巨大防波堤を築くような大規模公共事業のためには喜んで機能する日本政府も、一般庶民を救済するためにはほとんど機能しない

マーティン・ファクラー / ニューヨークタイムズ 3月12日
http://kobajun.chips.jp/?p=22614


プーチン大統領の核兵器発言(NEVADAブログより) http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302292


道路レポート 林道樫山小匠線  導入http://yamaiga.com/road/kodakumi/main.html



【フリーメイソン】「世界を操る秘密結社」なのか?活動盛んなドイツの実情探る

●フリーメーソン:「世界を操る秘密結社」なのか?活動盛んなドイツの実情探る
2015年3月21日 毎日新聞

■考察
●Achim Strassner

●Keine Geheimnisse. Was sind Freimaurer?(meinAnzeiger.de)

Photo

例の番組のせいか、昨年辺りから、フリーメイソン無害団体のプロパガンダがちらほらと。

戦争と同じで問題は銭の流れ。名士を集めてハコモノ・コネクション。
日本では森ビルとタッグを組んでいますね。

★世界を見通す目はハコモノ・コネクション

★【フリーメイソン】森ビルとイスラエルの関係【森】

●ロッジP2(wiki)

毎日新聞といえば、皇居に最も近い白山通りの始点。

★パレスサイドビルのハコモノ・コネクション

■つぶやき
日本は米軍基地の関係者が多いミリタリー・ロッジ色が強い訳でして、ディエゴ・ガルシア基地を所管の在日米海軍司令部の横須賀米軍基地関係者もおられるのです。

そして、日本グランドロッジはアジアのカトリック国家であるフィリピンからのれん分けしたものです。

0322a_2

0322b

★【フリーメイソン】終わりのない夏-ジョージ・アイ・パーディーの生涯

★日本の根幹にあるもの

★リビエラとフリーメイソンとか

★メモ:アウレア/プロックスシステムデザイン

在日米海軍司令部のトレードマークを見てください。
日本の東北地方を横切っているのは、海神ポセイドンのトライデント(三叉の矛)です。

★ポセイドン(海神)とか

そして、晴海トリトンスクエアオフィスタワーXに入るのはフリーメイソン・マスターを起源とする企業なのです。
http://timetide.way-nifty.com/jprofile/2015/03/post-4f6a.html


『フクシマの燃料が溶解して、炉内にはとどまっていないことをようやく東電が発表しました。』
⇒ http://amba.to/1Hi7CSf


不動産バブル崩壊や環境汚染といった問題があるとはいえ、年間7%で成長している先進国は他にない。
中国には100万人都市が150以上あり、1人当たりGDPも年々増加している。
何よりも強さの基盤は、中間層が記録的に増加していることであり、その内需によって10年にはGDPで日本を追い抜き、米国に次ぐ世界第2位となった。
対照的に、中間層が減少している米国は、アジア市場から中国を締め出すためにTPPの締結を求めているが、中国はそんな米国を無視するかのような戦略を取りつつある。

その一つは「新しいシルクロード」と呼ばれる経済構想である。
中国が基金を創設し、バングラデシュ、タジキスタン、ラオス、モンゴル、ミャンマー、パキスタンなど周辺地域の鉄道やパイプライン、通信網などのインフラ整備を支援し、広大なアジア地域に米国の影響を受けない経済圏をゼロから確立しようというものだ。
また陸地だけでなく中国の南から海に乗り出し、インド洋を経てアラビア半島に至る「海のシルクロード」も画策している。
第2次大戦後、米国が欧州で復興を援助して影響力を強めたように、中国の新シルクロード経済構想は「中国版マーシャルプラン」とも言われている。

さらに中国、ロシア、カザフスタン、ウズベキスタン、キルギス、タジキスタンの6カ国が集まってできた上海協力機構は、国際テロや民族問題だけでなく経済面での協力強化も図っているし、中国、ロシア、ブラジル、インド、南アフリカによって造られたBRICS開発銀行は、米国の影響を受けない組織として活動を始めている。
特に中国は、ロシアと共同で新しい高速鉄道も計画するなど、欧米から経済制裁を受けているロシアとの急接近も著しい。

日本や欧米のメディアが経済の衰えなどを取り上げて中国を過小評価しても、米フォーチュン500社には既に中国企業が73社も入っている。
中国とミャンマーを結ぶ原油のパイプラインも開通するなど、中国の「シルクロード構想」は着実に進んでいると言える。
ユーラシアでの中国の経済的な存在感が強まる一方で、米国の行動で目立つのはアフガニスタン、ウクライナなど、武力攻撃だけである。
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-2747.html


復興予算の“流用”は枚挙にいとまがないが、さらに驚くべき来年度予算の目玉が、「宇宙開発利用関係予算」である。
 
 内閣府宇宙戦略室が9月に発表した来年度の宇宙関係予算に関する資料を見ると、なぜかそこに復興予算から「22億円」と明記されている。震災と宇宙。何の関係があるのか。
 
「災害時に有効な衛星通信ネットワークの研究開発」に15億4800万円を計上した総務省・宇宙通信政策課に尋ねた。
 
「これは被災地向けに、衛星通信を受信するための小型衛星局を整備する費用です。衛星自体は、企業や自治体などが持っている既存のもので、予算は被災地に小型衛星地上局を置くための予算です」
 
――被災地ということですが、何県ですか?
 
「……全国防災です」
 
――えっ、さきほど「被災地に置く」といったじゃないですか。
 
「いや、将来の被災地に置くということです。車で運べる可搬型なので、場所は特に決まっていません。大人2人でどこにでも持って行けます。ですから、大規模災害が起こった場合、すぐに持っていくことができます」
 
 どう考えても苦しすぎる言い訳である。

■復興予算から107億円が核融合エネルギー研究に拠出されてた
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302307


山本太郎議員、「NHK討論番組」でタブーに踏み込む http://tanakaryusaku.jp/2015/03/00010852 @tanakaryusakuさんから

 おっと! 鷲は勝手にプーチンを病気にしちまったが…、国家指導者の長期(といっても16日で10日目。金正恩の場合は2ヶ月だった。)不在は、体調不良と思って間違いはない。

現在の世界の平和はプーチンが支えているワケなので、プーチンに万一のことがあれば…、世界は戦乱狂気の修羅場地獄となる。

その大戦乱を画策する勢力に、日本は脳のズイまで洗脳・占領されていて、上の安倍から下の浮浪者まで、反露・反プーチンが多いので、世界が全く見えない。

メルケルが原発問題と、隣国との友好の大切さを説いても…、日本は、安倍もマスコミも庶民も、馬の耳に念仏、馬耳東風。

これには世界中が呆れかえっているワケだが…、このことも情報鎖国ニッポンは認識できないし、認識できても恥とも思わない。

分かっているのは、天皇と鳩山と一部のブロガーだけ。

世界も、自分も、客観的に認識できなくなるニッポンの認識不足と認知障害は、今後、ますます酷くなっていく…。
http://grnba.com/iiyama/index.html#ss03161


『フライデーは、「メルケルが安倍に突き付けた『脱原発』と『歴史認識』」という見出しの大きな記事』 ⇒ http://amba.to/1EpbeSd


『官僚は全く動こうとしなかった背後に「日米合同委員会」があり、官僚たちは「アメリカに向いて」仕事を』 ⇒ http://amba.to/1FqXLuN


採用できるのは、自分たちと同じレベルの人だけ。 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302028 …


安倍政権下の日本は、イスラエル国民も危険視する好戦派勢力に乗っ取られたと知れ!:近未来の日本は、2000年代の米国と同じ戦争国家に陥れられる http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302055 …


JRが田町の再開発をやるために皆を犠牲にしたのが上野東京ライン。マスゴミは金で黙らせてと。


NHK・籾井会長が私的なゴルフでハイヤーを利用し、その代金をNHKに請求 http://goo.gl/W1hfVH  内部通報で発覚しました


民意との対話を拒み、基地建設を強行する非人道的差別:琉球新報
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-2737.html


安倍政権の下、極右が勢いづき、ジャーナリストや研究者への脅迫、ヘイトスピーチが日常的になってしまった
日本の自由主義、民主主義の基盤を徐々に破壊しようという闇の力が、安倍首相の下に集まりつつある
安倍政権による歴史の歪曲と対外強硬姿勢は日本の尊厳を傷つけるとともに、日本を国際社会から孤立させる恐れがある

ジェフ・キングストン / アメリカCNNニュース 2月27日
http://kobajun.chips.jp/?p=22545


「人減らしするな」「非正規を正規に」  全国24の郵便局でスト http://tanakaryusaku.jp/2015/03/00010823 @tanakaryusakuさんから


【NHK経営会議】秋元康 窪田康志 芝幸太郎 AKB48の仕掛け人【2015年3月14日】
http://timetide.way-nifty.com/jprofile/2015/03/nhk-akb48201531.html


 kiyonobu_mitamura @ggsg68  ·  10 時間 10 時間前

北陸新幹線、今度の連休辺りは混雑するかなと思ったらもうガラガラ。九州新幹線の数十倍も宣伝しといてもうこれ。
https://twitter.com/ggsg68/status/577615031556141056


 パンダロウ @pandasukidesu  ·  5 時間 5 時間前

上杉隆氏を逆恨みする某ライターが勝訴への狼狽えぶりも面白い。 @zebra_masa
https://twitter.com/pandasukidesu/status/577690671449935872


 徳永みちお @tokunagamichio  ·  4時間 4時間前

今日のミヤネ屋は鳩山元首相を叩き鳩山さんの人格破壊をする番組だなぁ。賛否両論を報道すべきだろうに、一方的なリンチ報道と人格攻撃がまかり通る日本ってどうなんだろう? それとも鳩山が正しいから、日テレは躍起になってdisっているのかな。
https://twitter.com/tokunagamichio/status/577709011253870593


 鳩山元首相、クリミア半島訪問について「行ってよかった」 鳩山元首相、クリミア半島訪問につい
テーマ:日本復活の新福音:宗教の復活:神聖天皇制

    鳩山元首相、クリミア半島訪問について「行ってよかった」

    鳩山元首相、クリミア半島訪問について「行ってよかった」

        フジテレビ系(FNN)-2時間前


        <鳩山元首相>クリミア訪問「民主主義のモデル見た気する」

        <鳩山元首相>クリミア訪問「民主主義のモデル見た気する」

            毎日新聞-4時間前


    惨穢夷疹蚊とは難ぞ邪

        鳩山元首相 クリミアは「友愛の世の中」 ネット動画で言いたい放題

            産経新聞-3時間前

http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-12002498131.html


日本のメディアどころか、政治家も立ち入れない。そんな場所で、日本の高級官僚と在日米軍関係者は、定期的に会合を重ねていた。それが日米合同委員会後述するが1960年に締結された日米地位協定(※注1)をどう運用するかを協議する実務者会議だ。
http://amba.to/1bdeKWc


時事通信3月17日 10時53分配信

  17日付の英紙フィナンシャル・タイムズは、中国主導で年内発足を目指すアジアインフラ投資銀行(AIIB)に、フランス、ドイツ、イタリアも参加すると報じた。
 英国に続き、欧州主要国が加盟で合意したことは、投資銀に距離を置くよう働き掛けてきたオバマ米政権の「打撃」になると分析している。

  同紙によると、オーストラリアと韓国もこれまでの姿勢を改め、参加を検討しているという。

  アジアインフラ投資銀をめぐっては、英国が12日、日米欧の先進7カ国(G7)で初めて参加を表明。中国が主導する国際機関を警戒する米国は、英国に不快感を示した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150317-00000052-jij-eurp


不用意な欧米化を戒めた西郷 西洋かぶれした長州の俗人  http://cocologsatoko.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-d4fc.html


マスコミが決して語らない、ウクライナでのモンサントの役割 http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-4503.html


“ソフトバンクが、強気ででれる理由がわかりました。 携帯をクレジットカード払いにしているので、 ソフトバンクからの請求を止めようと思った。  私:ソフトバンクからの請求への支払いを止めたいのですが カード会社:特定の会社への支払いを止めることはできません 私:じゃあ、カードを紛失しますので、一旦無効にして新しい番号で再発行ください カード会社:カード会社とソフトバンクとの契約で、新しい番号を伝えることになっています。 私:なぜ私に勝手に新しい番号を通知するのですか? カード会社:規約で「当社が適当と認めた


“意識のせいにすると、戦中と同じようにシステム改革がおろそかになる。福岡の小学校で、子供たちが、給食が終わった後の片づけをちゃんとせず、先生方が「食器さんが泣いている」などと心の教育をしたが、全く解決しなかった。しかしある先生が子供たちの動線が悪いのではないかと気づいてうまくいくようになった。JCOの事故でも、米国の調査団は報告書にこう書いたそうです。「アメリカでは、幾ら研修をしても必ずルールに違反する者がいるという前提に立ち、ルール違反による汚染が起きるという前提で二重三重の防御がある。日本では、すべての従業員は学校で正しい心の教育を受け、研修で意識改革をしているはずだから、規則に違反する者はいないという前提。だからいったん汚染が発生すると、止める手段がない。リスクマネジメントができていない」”
http://shinagawasn.blog.so-net.ne.jp/2015-03-09-12



安倍犬の犬HK一部の大企業だけのベースアップを大げさに放送中ですw


「欧」と「米」との違いを認識しない事が、日本の民主主義をおかしくする最大要因 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302154 …


ドイツ首相メルケルの来日目的は。欧州寡頭勢力は今年、日本で金融パニックを起こそうとしているようだ http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302163 …


自民党議員も頭を抱える 首相の時代錯誤、無知無教養、幼児性… http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302175 …


 みつや @mitsuya_niwa  ·  8時間 8時間前

#オプエド 安倍首相は父・晋太郎氏の遺産約6億円を政治資金管理団体ごと相続しておきながらその相続税を払った形跡がない。上杉隆氏が『世襲議員のからくり』に書いた。払ったのだろうか?きちんと説明する必要がある。@uesugitakashi
https://twitter.com/mitsuya_niwa/status/578010887476260864


辺野古基地建設 「これは沖縄と日本政府の戦いだ」 http://tanakaryusaku.jp/2015/03/00010830 @tanakaryusakuさんから


NHK報道による在特会デモ参加の(底辺)ネトウヨの具体例 http://blog.goo.ne.jp/ngc2497/e/0e0890e0bc65bb7a1a40b0dbcbd3ca11
怒りが中韓に向かって自民に行かないところが頭が弱いんだよな。


孫崎 享 ‏@magosaki_ukeru 7 分7 分前

HuffPost 「籾井)会長は18日、民主党の会議で、伝票処理に”どういう処理がなされているかは分からない。たぶん民主党の岡田代表もハイヤーのことなんかご存じないと思う”と開き直る場面」民主党しっかり追及してよ。手うつな。NHK支払いにサインしたか。したなら個人払いの意思なし
https://twitter.com/magosaki_ukeru/status/578164479948537856


巨大地震と巨大津波、原子力発電所事故、世界を震撼させた3重巨大災害
恒久的な住居を手に入れたのは全体の15%、長期に渡る避難生活により健康を損なう被災者
1兆8,000億円以上をつぎ込んでの除染、築かれた放射性廃棄物の山、しかし進まない住民の帰還

ジャスティン・マッカリー / ガーディアン 3月11日
http://kobajun.chips.jp/?p=22577


 ≪大新聞の日経平均報道は全く信用ならず≫<日本政府の政策。。安倍国会議員内閣の政策は上手くいっているという体裁作りに全力投球>【《公的資金・年金資金》GPIFを駆使した<官製相場による株価維持>に過ぎない】
http://y366158.blog.fc2.com/blog-entry-1234.html


206 :名無しさん:2015/02/17(火) 10:03:04.66 ID:Utm8/hcb
    アジアは気候がどこも最悪です。台湾 タイ フィリピン・・・
    日本は凍える寒さに高湿度高温の夏は地獄、光熱費も馬鹿高いです。四季なんていらないくらい。
    大都市は物価が高い家賃も高い。思ったより日本は生活しづらい面があります。
    便利でサービスの質も良い、けどそれは日本人の犠牲で成りなっているところが多いです。
    ノイローゼや自殺希望者が多い病んでいますね。


291 :名無しさん:2015/03/02(月) 12:43:23.09 ID:ceN3KBFi
    >>290
    ある意味、洗脳だな。

    東京に住んでる奴のほとんどが「自分は日本で1番の所に住んでいる。
    他の場所を知る必要はない。」と思ってるんだよ。
    娯楽も食べ物も生活レベルもすべてにおいて、な。

    本当は、すごいレベルの低い娯楽に一喜一憂し、狭く、空気が悪く、日当たりの悪い場所に
    高い値段を払って住み、新鮮さの全くない冷凍ものの食べ物を有難たがっている。

    そして、その生活が最高だと思い、自分の子供たちもそこで育てて、その生活を続けるために
    高校、大学で一生懸命勉強をさせて、都内でサラリーマンにさせることが目標のようだ。

    いつ、その矛盾さに気づくのだろうか?

292 :名無しさん:2015/03/02(月) 13:18:35.14 ID:kfiS83Ex
    >>291
    日本人は価値観が画一的。
    みんな同じ物を着て、同じ物を食べて、同じ所に住みたがる。
    流行に敏感だが、流行を追う事しか知らない。
    アメリカ人は皆と違う事をしたがるが、日本人は皆と同じ事をしたがる。

368 :名無しさん:2015/03/10(火) 01:41:02.55 ID:49heqP0F
    >>365@日本はそれほど優れた奇跡の黄金の経済立国です。

    アメリカ、カナダ、欧州より日本の民度・技術・サービスのレベル高くても
    現実の日本の労働環境と低賃金化がブラックで最低でカスであることは理解しているよな?
    ハッキリ言うがアメリカや欧州よりも最も重要なポイントが最低水準でゴミで
    最貧国より少しマシというレベルで、神経と体力をすり減らして犠牲があって
    国を維持しているのが現実の日本だぞ、そんなパラダイスじゃねーから(笑
    世界の順位で50位に入ればいいところだぞ。ランク50位すら怪しいのが日本だ。


380 :名無しさん:2015/03/10(火) 20:11:36.43 ID:49heqP0F
    東京は(日本は)店が溢れ買い物は便利、品数は多くスーパー、コンビニ、家電店があり
    食事も美味しくバス電車タクシーが便利で
    歴史観光も沢山あって伝統工芸やお菓子があり温泉地もサウナもある。
    しかし、その裏では他国とは比べられないほど国民の犠牲と忍耐があることを知ってほしい。
    言い方を変えれば政府と企業の搾取だ。多くの労働者の犠牲と抑圧で出来上がっている国である。

    【経済】止まらぬ非正規雇用、5年連続増で最多更新-2000万人突破★
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422526803/
    【総ブラック】 「残業代ゼロ法案」…対象は法律ではなく省令で 案の定「みんな残業代ゼロ」へ
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1423335679/
    高齢化する日本 3人に1人が60歳以上に
    http://news.kaigonohonne.com/article/59
    自殺数と行方不明や原因不明が年間8万人超
    http://d.hatena.ne.jp/gurigurico/20090730/1248882944
    http://kotodama-commu.net/news/20120704-1
    ■[memo] 隠蔽される自殺の実態?■日本の自殺者は年間12万人か?!?!
    http://d.hatena.ne.jp/gurigurico/20090730/1248882944
    1日24時間働くのと、1年360日働くのと、どっちがいい?~残業代ゼロ制度の笑えない「健康確保措置」
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/sasakiryo/20150220-00043225/
    高齢化で46年後は1京円超…国と地方の借金
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20140427-OYT1T50248.html


386 :名無しさん:2015/03/11(水) 16:03:01.05 ID:Xhcj+K8f
    >>385
    日本人って市民意識が格段に低いよね。
    トップダウンっていうか、大名がおっしゃるならそうだと。
    他国を知らないから、ストも起きないし学芸会レベルのデモだし。
    本当ならもっと国民が政治をリードしていけるのに立ち上がらないし、かき消される。
    西日本の自治体、文化都市の人らは比較的そういうの持ってるけど
    トンキンやら東日本の人らはとりわけトップダウンで飼い犬とオーナーみたいな
    上下関係は変わらない。


388 :名無しさん:2015/03/12(木) 00:50:14.99 ID:wXuK+piS
    >>386
    首都圏に住んでいた頃(23区、横浜、埼玉とか)
    そういった政治活動をする団体グループはいたけどまだまだ少数で
    皆が無関心なんだよね。横目で見てせせら笑うだけでね。
    まあ、自民党も民主党も裏では大企業との繋がりや利権があったり
    胡散臭い団体と関係があったりして表を握っているから、ちょっとやそっとでは
    国のシステムが変わらない構造になっている。

    日本人が国に無関心で社会性に乏しくて自我のない空気のような
    おとなしいヒツジのような奴がほとんどなのが問題とおもいますね。
    最近は少し変わってきたけど、そろそろ国民が大きな声を挙げて主張しないと
    日本は支配層にいいように操作されてどんどん駄目になっていくだけと予想できる。


日本で報道されない米国ニュースを共有するスレ2
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/northa/1111002414/




275 :名無しさん:2007/06/10(日) 10:03:43 ID:MxzzJ9MM
    >>270俺は日本などの儒教文化圏は「引き算の民族」で
    欧州なんかのもともと人口も少なくあまり豊かじゃなかったところは「掛け算の民族」だと
    思ってる。
    儒教文化圏は(たとえば支那)は豊かで人口も多いので儒教や官僚制なんかで不必要な人々を「間引く」。
    というのも中原みたいに人が多いとそれだけ反乱の萌芽も沢山あり、現状を秩序立てて整えないとしょっちゅう
    内乱や戦争状態となり、多大な被害を受ける。なので人や自分の悪いところばかりを言い立て、とにかく
    足を引っ張ったり個性を叩く。
    これが昔の欧州なんかだとそもそも人も物も少ないので人や物を大事にし、人々のつながりや人命を大切にする。
    だから否定的なことをあげつらうよりも肯定的な部分を褒めては伸ばし、人々が協力し合って生きていった。
    それが欧米の積極的な生き方になったんだと思う。


379 :名無し野電車区:2015/03/19(木) 01:21:16.28 ID:PDw8Q4IM0
    葛西天皇
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%9B%E8%A5%BF%E6%95%AC%E4%B9%8B
    葛西敬之の愛人宅の3,200万円にも及ぶ警備費用や2,700万円以上もの愛人への金銭贈与を会社経費として支出、
    さらに新幹線のモニター制度に愛人を登用したことは特別背任罪に当たるとして、
    1992年5月25日、JR東海社員が東京地検に告発した。
    その後、東京地検は、これらを事実と認定したが、経営会議で承認されたものとして不起訴とした。


321 :名無し野電車区:2015/03/17(火) 23:12:03.77 ID:yW9ysROTO
    籾井勝人とかいうチンカスを安倍に推薦したの葛西天皇らしいな

    葛西って相当な権力者だろこれ

322 :名無し野電車区:2015/03/18(水) 01:43:30.80 ID:yWtgM1fZ0
    そりゃ後援会の会長で安倍を応援し続けて首相に再度押し上げたからな
    この間のISILに日本人が処刑された時安倍は官邸にいかず葛西に会いに行ったりしてる



ネタニヤフが勝利したが…、イスラエルは次第に孤立を深め…、最終的にはプーチンにトドメを刺される。この切っ掛けは、イスラエルによるイランへの核攻撃だ。(飯山一郎) http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7778.html

このページのトップヘ