アメリカのマス・メディアは財界(資本家)の支配下にあります。 資本家は株主でもあ

りスポンサーでもあります。
また、メディアに登場する大学教授なども資本家の支配下にあります。アメリカの大学は

企業からの助成金で経営が成り立っているからです。
アメリカの学者はほとんど御用学者と疑っていいと思います。
メディアの報道は、資本家の広報活動の場になります。
メディアは敵を設定します。そうして、格差拡大による大衆の怒りが自分たちに向かって

こないようにします。
ドイツ、日本、ソ連、イスラム、中国・・・時代によって敵の設定は変化してきました。
大衆はそのコントロールにより右傾化します。
大衆はもともとは自分たちが犠牲になる戦争には反対です。好戦的に見えるアメリカ国民

も例外ではありません。
しかし、戦争は儲かります。
なんとか、国民の世論を戦争賛成にするため、アメリカはなんどもメディアを使い世論を

コントロールしてきました。
世界で一番たくさんの人を殺した国はロシアでも中国でもナチスドイツでもカンボジアで

もなくアメリカです。
アメリカはバブルが弾けて不況になるたびに戦争という公共事業を繰り返してきました。
日本も犠牲者の1人ですが、アメリカの属国になってからあとは、アメリカ戦争をするた

びに、国内の金融を緩和して、バブルや円キャリーや為替介入で、アメリカに資金援助し

てきました。日本も同罪です。アメリカの戦争の幇助をさんざん繰り返してきたのにいま

さら憲法9条を守れとかいわれても空虚なだけです。
日本の大企業は外国人株式保有比率が高い企業が多いです。トヨタなんて社員の半分は外

人です。日本を捨てて、海外に工場をたてた売国企業の利益のために血税がつかわれてき

ました。
財界は企業献金で自民党と日本のメディアを支配しています。国民は趣味の悪いトヨタの

CMを繰り返し魅せられます。トヨタのような米国依存度の高い企業のために、自民党はア

メリカの都合のいい政策ばかり選択します。戦争を引き起こそうが、アメリカの借金が膨

らもうが、経常収支のインバランスが拡大しようが関係ありません。
http://onthegoldenhill.blog.fc2.com/blog-entry-314.html#more


東条英機の処刑前の手記(日本人は知ってはいけない。より)
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=279685


アメリカの戦争責任とハルノートの真実。(日本人は知ってはいけない。より)
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=279684




【必読記事】 『日本の獲得「ゼロ」 TPP利害関係者会合出席 内田聖子氏に聞く』
2013年07月30日 | Weblog

「米国企業の利益につながる要求が相次いだ」

「交渉内容の情報が出てこない異常な秘密交渉」

「このタイミングで入るのは常軌を逸している」

「これまでの交渉で決まったものは変えられない」

「TPP推進派でさえ『勝ち取れるものがあるのか』と言う」

「日本の姿勢は勝ち取るものより最初から農業、医療、安全・安心の基準を守ると言い、

最大限の獲得でゼロ、失敗すればマイナス」

「重要5品目を守るという発言は国際的には知られていない」

「交渉には秘密保持契約があり、この先、日本政府から交渉情報が出てくることはこれま

で以上にない。厳格な契約書まで交わされる貿易交渉は類を見ない。そこにこそTPPの

異常性がある」


以下に転載した十勝毎日新聞記事において、米国の市民団体「NPO法人パブリック・シ

チズン」の一員としてTPP交渉に参加している内田聖子事務局長により発せられている

これらのコメントを聞けば、「TPP参加」などあり得ない選択であることはもはや自明

であろう。

本ブログでもこれまでのエントリーにて何度もコメントしてきたとおり、「TPP」とは

多国籍企業があらゆる市場分野にて”独り勝ち”せんがための、不平等極まりない代物で

ある。

即ち、多国籍企業とそれに与する一部の傀儡連中だけが”焼け太り”するための「収奪装

置」だということである。

そして、これもいつも指摘していることであるが、大手マスゴミより、このTPPの”本

質””悪質さ”が語られることは限りなくゼロである。

傑作なのは、今、政府と共に「TPP参加」に加担している大手マスゴミ各社(読売・朝

日・毎日・産経・日経)の連中どもが、やがては自身が独占している「マスメディア分野

」にも国際金融資本の”魔の手”がおよび、マスコミ各社自身も例外なく危機に晒される

ということにまったく気づいていない点である。
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/718f8cf892737248759ab853387b2847



19  ファイヤーボールスプラッシュ(チベット自治区) 2013/07/29(月) 21:12:16.11

ID:BJOJ/NuN0
    >>2
    本物のうつは薬飲まないと自害するから飲まないよりマシ。
    人格障害のかまってアピールのリスカとかじゃなくてガチで死のうとするからな。
    製薬会社とグルなのはTVのスポンサーが製薬会社ばかりなのを見れば分かるだろう。

新型うつとか言い出したのもテレビで医学にそんなものは存在しない。
    ただ医者もテレビ見るし、勉強してない医者は医大で習った知識でお止まるので
    新型うつを鵜呑みにする医者もいる。とりあえず薬出しとけ儲かるしって医者もゼロ

ではなかろう

    なんでうつ病かというと、抗鬱薬の主流は新薬が多く、ジェネリックに客を取られる

リスクが少ないから。安定剤とか眠剤なんかはだいたいジェネがあるけどSSRIやSNRIみた

いな新世代抗鬱薬は特許切れてないからジェネ出せない



57  ファイヤーボールスプラッシュ(チベット自治区) 2013/07/29(月) 21:46:36.11

ID:BJOJ/NuN0
    >>53
    似たようなので非定型うつというのは一応あります。
    新型うつは自称精神科医のキチガイ香山リカの造語
    あいつがあれ喚き始めてから公務員が新型うつだと言いはって傷病手当金で
    海外旅行行ったりするようになった。


191  ウエスタンラリアット(公衆) 2013/07/30(火) 00:59:22.49 ID:L9msmoCs0
    医療大麻で一発解決なのに
    ほんと、製薬屋は極悪だわ

194  魔神風車固め(中国地方). 2013/07/30(火) 08:00:09.73 ID:9yrJ1DnV0
    大麻解禁したら自殺者減るやろな。
    厚労省と製薬会社がズブズブな日本じゃ解禁は無理か。



2013年07月30日


●「なぜ、側近が小沢氏から離れるか」(EJ第3599号)

 最近では、小沢一郎氏の側近といえば、平野貞夫氏や岩手県知
事の達増拓也氏ですが、かつては錚々たる政治家が小沢氏の側近
に名を連ねていたのです。
 問題は、そういう人たちが次々と小沢氏から離れて行くことで
しょう。ちょっと名前を上げるだけでも、船田元、熊谷弘、二階
俊博、小池百合子、中西啓介氏らの名前が出てきます。現在も政
治家として活躍中の人もいれば、議員を辞めた人、亡くなった人
もいます。
 これらの人々はどういうわけか、必ず反小沢になって現在でも
小沢氏にとってマイナスの発言を繰り返しています。反小沢陣営
にとっては、元小沢側近だった人は価値ある人材なのです。
 なぜなら、元側近の人物が小沢氏のことを悪しざまにいえば、
そのイメージを大きくダウンさせ、その人格まで否定できるなど
絶大な効果があるからです。元側近のほとんどは自民党に入った
り、戻ったりしていますが、小沢攻撃をやることを暗黙の条件に
自民党入りを許しているものと思われます。
 現職の自民党衆院議員に船田元という政治家がいます。船田氏
は、小沢氏が竹下派から離れて、自民党内に改革フォーラム21
を作ったとき、一緒に参加した元自民党のエリートです。
 小沢氏は船田氏を買っており、宮沢内閣の経済企画庁長官に史
上最年少の閣僚として入るなど、船田氏は、若手政治家のホープ
的存在だったのです。その後、船田氏は細川政権では、小沢氏の
特命で、新生党の国会対策委員長に就任しています。このとき、
船田氏はおそらく得意絶頂であったと思われます。
 この船田元氏には小沢氏の指示により、平野貞夫氏が国対の教
育係に就いているのですが、平野氏は船田元氏について、次のよ
うに論評しています。
―――――――――――――――――――――――――――――
 船田氏は残念ながら、とにかく形式論理でしか国会対策を考え
 られず、小沢の腹も読めなかった。小沢に正面からぶつかるこ
 ともできなかった。こうしたことから、船田氏は途中で交代さ
 せられた。──平野貞夫著/『わが友・小沢一郎』/幻冬社刊
―――――――――――――――――――――――――――――
 船田氏はこれを機に小沢氏と距離を置き、新進党時代に反小沢
グループに入ってしまうのです。そして、船田氏は自民党の加藤
紘一衆院議員に誘惑されるかたちで、小沢批判のフロント役を務
めるまでになり、自民党に戻っているのです。
 小沢氏の信条は「去る者は追わず。来る者を拒まず」であり、
去る者を絶対に追わないのです。この他にも二階俊博氏や小池百
合子氏がいますが、両氏はマスコミを通じて小沢批判を繰り返し
小沢氏を政界から排除する動きのパイロット役として今も活躍し
自民党支配の継続に貢献しています。
 二階氏にいたっては、小沢批判をするだけでなく、小沢氏の力
が落ちている現在を狙って、岩手選挙区の平野達男氏に裏から手
を差し伸べて支援し、岩手における小沢・達増勢力排除を仕掛け
ているのです。何とも醜い争いです。
 もう一人小沢氏を裏切った側近の一人として中西啓介氏がいま
す。中西氏は自由党まで小沢氏と行動を共にしていますが、自由
党が自自公連立を解消するとき、保守党を結成して小沢氏から離
れています。
 その後長男が大麻所持で逮捕されたため、衆議院議員を辞職し
てから、いろいろな事件に巻き込まれて力を失い、2002年に
心不全のため亡くなっています。小沢氏は、そのとき中西氏の葬
儀に駆けつけ、怨讐を乗り越えて、霊前に冥福を祈っています。
 最近になって、作家の立花隆氏が週刊誌で、こうした側近の小
沢離れについて、小沢氏の人格を疑問視する評論を発表していま
す。これについて、平野貞夫氏は、怒りを持って次のように反論
しています。
―――――――――――――――――――――――――――――
 とんでもない話です。それではもっぱら小沢側に問題があり、
 離れた人たちに正当性があるかのような見方ですが、一般的に
 見ても人間関係というのは、どちらか一方に責任を求めるもの
 ではないでしょう。ましてや、政治家は自分の利害や打算で動
 くことが多い。そんなことでいちいち人格を疑われていたら、
 友人と絶交したり離婚したりする人たちは全て、理由に関係な
 く人格を疑われなければならなくなります。小沢さんの場合、
 相手のほとんどは自信をもって対峙できず、どこに問題がある
 かという議論もきちんとできないから逃げてしまうだけです。
 その意味では思慮の浅い政治家、不誠実でいい加減な人間には
 付き合いにくいかもしれません。繰り返しますが、小沢一郎と
 いうのは腹を固めてきちんと直言すれば聞いてくれる男です。
 小沢さんから離れた人々が、その後どういう行動を取ったか、
 どうなったかを見れば、それが答えになるのではないでしょう
 か。熊谷弘、二階俊博、小池百合子氏らなどは、小沢一郎を利
 用して地位と利権を得ようとした「側近」だったでしょう。
                      ──平野貞夫著
       『日本一新/私たちの国が危ない!』/鹿砦社刊
―――――――――――――――――――――――――――――
 このように、自民党が中心となって、小沢一郎という政治家を
排除する政治集団ができています。これが大マスコミと一体にな
り、「三宝会」なる小沢排除組織まで結成されているのです。
 しかし、これが日本の改革と発展を阻害していることがわかっ
ている人も増えており、小沢氏を支える勢力になっています。
 しかし、平野氏によると、小沢氏にも問題があると指摘してい
ます。小沢氏には「人を信じすぎる」面があり、「情の人間」で
あることです。縁のあった人とはどんな問題があっても、自ら縁
を切ることができない性格です。そして「他人はしょせん他人で
あり、自分ではない」ことが分っていない。小沢氏は自分に近づ
いてくる人間を自分と同じ感性を持っていると勘違いしてしまう
ところがあり、誤解されやすいのです。
              ── [自民党でいいのか/21]

≪画像および関連情報≫
 ●小沢潰しの「三宝会」とは何か/EJ第2756号
  ―――――――――――――――――――――――――――
  竹下登、金丸信両氏、それに小沢一郎といえば、旧経世会の
  三羽烏といわれていたのです。竹下、金丸とひとくくりにし
  ていうと、金のノベ棒によって象徴される金権体質の政治家
  というイメージがあります。そして、小沢はそのDNAを引
  き継いでいる現代の金権体質の政治家の代表ということにな
  ってしまいますが、この見方は完全に間違っています。日本
  の政治の世界はそんなにきれいなものではありません。権力
  をめぐって権謀術数が渦巻き、政官業と大マスコミが癒着し
  己の利益のためなら、マスコミを使って世論操作でも何でも
  するというひどい世界になっています。ですから、本気でこ
  れを改革しようとする政治家があらわれると、政官業と大マ
  スコミが謀略を仕掛けて追い落とすことなど、当たり前のよ
  うに行われるのです。それは現在でも続いているのです。現
  在そのターゲットとされている中心人物が、小沢一郎なので
  す。彼が本気で改革をやりそうに見えるからです。
                   http://bit.ly/d1L29v
  ―――――――――――――――――――――――――――
http://electronic-journal.seesaa.net/article/370524634.html