『米戦争屋ネオコンの最終ターゲットはやはり、プーチン搭乗機の撃墜であったとみています。』 http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11899264349.html


だから、平均的日本人はほとんどシンガポールの「実情」を知らない。
シンガポールの「唯一最高の国家目標」は「経済発展」である。
平たく言えば「金儲け」である。
これが国是なのである。それがthe only and supreme objective of the State なのである。

政治過程や文化活動などはすべて「経済発展」の手段とみなされている。
だから、この国には政府批判というものが存在しない。
国会はあるが、ほぼ全議席を与党の人民行動党が占有している。1968年から81年までは全議席占有、81年にはじめて野党が1議席を得た。2011年の総選挙で人民行動党81に対し野党が6議席を取った。この数字は人民行動党にとっては「歴史的敗北」とみなされ、リー・クアンユーはこの責任を取って院政から退いた。

労働組合は事実上活動存在しない(政府公認の組合のみスト権をもち、全労働者の賃金は政府が決定する)。大学入学希望者は政府から「危険思想の持ち主でない」という証明書の交付を受けなければならないので、学生運動も事実上存在しない。「国内治安法」があって逮捕令状なしに逮捕し、ほぼ無期限に拘留することができるので、政府批判勢力は組織的に排除される。えげつないことに野党候補者を当選させた選挙区に対しては徴税面や公共投資で「罰」が加えられる。新聞テレビラジオなどメディアはほぼすべてが政府系持ち株会社の支配下にある。リー・クアンユーの長男のシェンロンが今の首相、父とともにシンガポール政府投資公社を管理している。次男のリー・シェンヤンはシンガポール最大の通信企業シングテルのCEO。シンガポール航空やDBS銀行を傘下に収めるテマセク・ホールディングスはシェンロンの妻が社長。
李さん一族が政治権力も国富も独占的に私有しているという点では北朝鮮の金王朝のありかたと酷似している。
たしかにこんな国であれば、経済活動はきわめて効率的であるだろう。外交についても内政についても、社会福祉や医療や教育についても、政府の方針に反対する勢力がほとんど存在しないのだから。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=292786


ところで、欧米各国が、嫌にガザ地区のイスラエル殺戮テロ国家の仲介に必死なフリをしている。充分に殺すだけ殺したから、これ以上は、国際世論上も拙いだろうから、矛をおさめたらどうか。今なら、人道的見地から停戦を受け入れる姿勢を見せることで、湧きあがりつつある「反イスラエル機運」を覆すことが出来る、等とでも思っているのだろうか。米国務長官ケリーやEUや英仏独伊が善人の真似ごとに興じている。殺させるだけ、殺しておいて、仲介だとか、和平交渉だとか、そんな理屈が成り立つ世界自体が奇異だろう。生活のロジスティクスである、トンネルを全部破壊は、休戦中もOKなんて、キチガイ染みた仲裁案など、糞のようなものだ。
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/f55b12267b86b01ca4783f475f17d87c


ハイジさん。https://twitter.com/HeidiSchweiz

 * 「ハイジ @HeidiSchweiz     ?   7月18日

これ、フィンランドの中学生用の歴史の教科書なんだけど「歴史とは人間の行動を考察するものである。個人、集団、国家は其々が或る状況において常に何らかの根拠があって行動する。その結果、世界に影響を与える『因果関係を知る為』歴史を学ぶのです。」って、もう年号丸暗記とかのレベルじゃない。」


 グッド。というか、それが普通でしょう。
 日本の歴史教育が異常なのです。
 それ(暗記)を学校教育として身につけなければならない日本の若者たち、精神の苦行です。
 大学入試が、いかに日本の若者たちの精神を歪めるか、これだけでもわかろうというものです。

 その結果、日本人の議論は、あれこれのことを「知っている」「知らない」だけのものになります。
 はては、国会議員の居眠り競争。
 「知っている」ことは、それを本務と心得る官僚に任せよ、と。

 日本社会の教育内容のばかばかしさを痛感した人は、さっさとワールド・スタンダードの世界に逃げましょう。



* 「アマちゃんだ @tokaiama     ?   7月17日

箸墓古墳が卑弥呼の墓などと、まことしやかにNHKが語ったり、自称歴史学者が弥生人王朝が奈良にあったなどと、愚かな仮説を定説のように捏造しているのをみて本当に腹が立っている
弥生人は中国から有明海に逃げてきた人たちなのだ
2500年前に、すでに東シナ海水運が確立していたのである」
http://8706.teacup.com/uedam/bbs/13082


* 「金子勝 @masaru_kaneko     ?   8 時間

【小保方の闇3】早稲田が蓋をしたいのが、小保方論文関係者が大株主で、大学内に設置されているベンチャー「セルシード」株が、小保方論文発表後1週間で4億円売りぬいたと公表したこと。調査委員会はこの問題の真偽こそ調査対象とすべきだろう。」

 セルシードの新株予約権報告書
 http://contents.xj-storage.jp/xcontents/77760/7c5fd61f/ba4e/4bc0/8803/66ec2f83437b/140120140130095930.pdf



JUMPILIKEYOU ‏@jumpilikeyou 5月12日

福島県知事佐藤雄平の叔父渡部恒三の一族は、福島第1原発の大地主であり、原発が稼働しても稼働していなくても毎年数十億に及ぶ莫大な地代収入を得ているのだ。
https://twitter.com/jumpilikeyou/status/465848553332408320


じろぽんX ‏@jiroriropom 7月25日

イスラエル大使館前交差点、日テレ前現在。こんな格好の取材対象があっても一切日テレは出てこない。なにが「愛は地球を救う」だ!!いま救ってみろ!!
https://twitter.com/jiroriropom/status/492584622291566592


K.Kengo ‏@KKnagomi 1 分

うへえ☞http://rb2.pw/3x3oL  国際勝共連合http://rb2.pw/Ec06x  勝共連合はTPP賛成http://rb2.pw/LhgPl  安倍晋三と統一教会http://rb2.pw/HkKa2  これで言論弾圧されたら詰み
https://twitter.com/KKnagomi/status/493243192272109570



またしても痴呆議員です。またしても自民党です。まぁ、田舎の自民党なんて、ちょっとトッポイ馬鹿がのし上がりたくてなる職業なので、マイルドヤンキー層の代表だという話もあるんだが、お程度が低くうらせられるのは間違いないですねw

    北海道議が機内でシートを倒す角度めぐり口論 議員辞職願を提出
     北海道議会の小畑保則道議(65)が今月行った欧州視察の際、航空機内で座席のリクライニングシートを倒す角度をめぐり、他の乗客と口論していたことが22日、分かった。
     加藤礼一議長によると、小畑道議は議員辞職願を提出した。


ウイスキーを3杯、焼酎1杯飲んでいたそうで、リクライニングを倒したところ、後ろの席から文句を言われて口論になったとか。仲裁に入ったスッチーとも口論の挙句、周囲の客とも口論と、まぁ、酔っぱらいの行動そのものですね。ネットの書き込み情報では、元々、この人、酒癖が悪くて、人に絡む癖があるようだ。
http://my.shadowcity.jp/2014/07/post-5291.html


『アルジェリア機墜落は、対露軍艦輸出を強行するフランスに対する意趣返しか』 http://amba.to/1nKGkfV


『国旗の下にある窓がMH17便は塞がれておらず、MH370便は塞がれています。』 http://amba.to/1nKGuUw


『ドイツと中国の関係を見ると。。。どうもお互いに接近したいようですが。。。』 http://amba.to/1nKGynr


 divayoshiko @divayoshiko
フォローする

国連に20もの勧告を受けている人権後進国日本。 “@nhk_kokusai: 人権状況を審査する国連の委員会は24日、日本について特定秘密保護法の適用にあたって国民の知る権利を保障することやヘイトスピーチを禁止するよう勧告しました。http://nhk.jp/N4EW5ZMW ”
https://twitter.com/divayoshiko/statuses/492409490881261568


 対イスラエル大使館 7.25デモ @freegaza_demo
フォローする

イスラエル大使館前。 警察がメディアの取材も妨害。 ジャーナリスト「ここは本当に民主主義の国か⁉︎」と抗議。
https://twitter.com/freegaza_demo/statuses/492565949015285762


 スレッガー中尉 @leopard_kw
フォローする

世界一、国連にカネ払ってる国が主権国家として賛否も表明できないとは… RT @hanayuu: 低気温のエクスタシーbyはなゆー: 【ガザ】国連人権理事会がイスラエル非難を決議したが日本は賛成せずに「棄権」した  http://alcyone-sapporo.blogspot.com/2014/07/blog-post_52.html?spref=tw …
https://twitter.com/leopard_kw/statuses/492066080215404544


日本におけるがん保険は、アメリカ合衆国のアメリカンファミリー生命保険会社(アフラック)が、1974年11月に発売したのが初めてとされる。これにはアフラックの日本法人設立者であったが大竹美喜が金融界のフィクサーであった常盤橋経済研究所の大橋薫を味方につけ、当時の大蔵大臣福田赳夫を動かし大蔵省、厚生省と折衝を重ね2年半かけてようやく認可を取得した。

その後、がん保険などの第三分野の保険を日本国内の生命保険会社や損害保険会社が取り扱う事は、米国との合意に基づいて事実上禁止されており、この分野は外資系保険会社が永く独占してきた。規制の恩恵を受けることにより、アフラックのがん保険における販売シェアは85%以上(1999年)にも達していた。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=292801


K.Kengo ‏@KKnagomi 24分

反対は無茶苦茶ある一方、賛成は幸福の科学と統一教会だけ(笑)⇒ 特定秘密の保護に関する法律に対する声明の一覧 http://rb2.pw/3kags  カルトと政党のステマでネット世論は腐敗中。サヨクの反対にのみフォーカスしてる逆張り派はステマのカモ。これも偽装保守問題。
https://twitter.com/KKnagomi/status/493386633530454016


アメリカ政府のウクライナ侵略に、挑発的でない、道理にかなったやり方で対応すれば、ヨーロッパに、ロシアが問題の原因ではないことを実証できるだろうというロシアのプーチン大統領の賭けは効果を発揮しなかった。ヨーロッパ諸国は虜囚国家なのだ。彼等は自分でものを考えたり、行動したりできない。連中はアメリカの意志に従うのだ。基本的に、ヨーロッパは、アメリカ政府の命令に従うだけの影の薄い存在だ。

もしロシア政府が、地球上の生命にとって最後の戦争になる可能性が高い、アメリカとの戦争を防ぎたいと望むのであれば、ロシア政府は、今行動して、分離主義者の州のロシア再併合要求を受け入れて、ウクライナ問題に決着をつける必要がある。上院2277法案が成立してしまえば、ウクライナがアメリカの同盟国として宣言されることになる為、ロシアは、アメリカと軍事的に対決することなしには、事態を建て直せなくなってしまう。

プーチンの賭けは道理にかなった責任あるものだったが、ヨーロッパが彼を裏切ったのだ。もしプーチンが、まだそう出来るうちに、ロシアの力を使って、アメリカ政府が、ウクライナで彼にもたらした問題に決着をつけてしまわなければ、アメリカ政府は次のステップで、ソ連指導部が軽率にもウクライナに編入した元ロシア領諸州のロシア人を見捨てた裏切り者として、ロシア国内の何百もの子飼いNGOに、プーチン一斉非難を開始させるだろう。

指導者であることの問題は、前任指導者達が残したうんざりするような問題も引き継いでしまうことだ。プーチンは、エリツィンから遺贈された諸問題を抱えている。エリツィンは、ロシアにとって災難だった。エリツィンは、アメリカ政府の傀儡だった。ロシアが、エリツィンの過ちを克服して生き延びられるかどうか定かではない。
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-6887.html


社会的に抹殺された発見(1)STAP細胞を葬った勢力 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=292823


自然増収隠す財務官僚と御用メディア http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=292821



【イントロ記事公開】IWJ特報 第75号「『第3次アーミテージレポート』全文翻訳・完全注解?米国からの命令書を読み解く(1)」
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/59054

 これまで我々は、メルマガ「IWJ特報!」第48号(2012年9月13日発行)で、「野田政権の『勝手に決める政治』の裏に米国の露骨な要求」と題して、「第3次アーミテージレポート」を通し、米国の、日本に対する無茶苦茶ともいえる要求の中身を論じてきた。2012年12月16日の衆議院総選挙において、自民党が圧勝した後、米国はさらに要求を強めている。

【第3次アーミテージレポート原文はこちら(英文)】
http://csis.org/files/publication/120810_Armitage_USJapanAlliance_Web.pdf

 奇観というべきは、日本の政官財各界が、このレポートに書かれた米国からのアジェンダを、忠実に遂行しようとしている姿である。民主党から自民党へ政権が交代してからも、そうした従属的姿勢は変わらない。これに新聞・テレビなどの既存大手メディアが後押しをして、対米従属の列に加わる。本メルマガ第61号?63号、72~74号で何度も論考した「改憲・憲法第9条の改正(集団的自衛権の行使)」の問題をはじめ、「原発の推進」、「TPP交渉参加推進」、「中国との緊張の維持」など・・・、現実に起こりつつあるこれらの政策の裏に、米国の要求があるのは明らかである。  

 なぜ、こうした首を傾げたくなる政策が、次々と実行されていくのか。その答えを導きだすためには、「アメリカの要求」を徹底的に知る必要がある。そのためには、昨年の夏に発表されたこの「第3次アーミテージレポート」を改めて読み解く必要がある。

 我々は、このレポートを全文完全邦訳し、このIWJブログとメルマガに、レポートの邦訳全文を掲載する。詳細な注と分析を加えた「解説版」については、有料メルマガ「IWJ特報!」で公開していくので、そちらをご購読いただきたい。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/56226


テレビジョン=嘘発信機 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=292820


マレーシア航空MH17便の撃墜事件は1983年9月の大韓航空(Korean Air)機撃墜事件に酷似している http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=292800